ベントレーが2015年モデルの販売価格を発表

2015.01.05 自動車ニュース
「ベントレー・ミュルザンヌ スピード」
「ベントレー・ミュルザンヌ スピード」 拡大

ベントレーが2015年モデルの国内販売価格を発表

ベントレーモーターズジャパンは2015年1月5日、2015年モデルイヤーの車両の日本における販売価格を発表した。

 

具体的なラインナップと価格は以下の通り。
・コンチネンタルGT V8:2100万円
・コンチネンタルGT V8コンバーチブル:2315万円
・コンチネンタルGT V8S:2255万円
・コンチネンタルGT V8Sコンバーチブル:2470万円
・コンチネンタルGT:2370万円
・コンチネンタルGTコンバーチブル:2580万円
・コンチネンタルGTスピード:2640万円
・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル:2855万円
・フライングスパーV8:1945万円
・フライングスパーW12:2415万円
・ミュルザンヌ:3500万円
・ミュルザンヌ スピード:3835万円

このうち、「ミュルザンヌ スピード」は2014年のパリサロンで発表されたミュルザンヌの高性能モデルである。6.75リッターV8ツインターボエンジンは最高出力が537psに、最大トルクが112.2kgmに高められており、0-100km/h加速は4.9秒、最高速は305km/hという動力性能を実現している。

(webCG)
 

関連キーワード:
コンチネンタルGTコンチネンタルGTコンバーチブルフライングスパーミュルザンヌベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
ホームへ戻る