マツダCX-5 開発者インタビュー

「モノ造り革新」はこれからが本番 2015.01.09 試乗記 マツダ
商品本部
主査
大塚正志(おおつか まさし)さん

「マツダCX-5」がデビューからこれほど短い期間で、これほど大規模なアップデートを果たせた背景には、マツダらしいクルマづくりを究極の効率で行おうとする「マツダ モノ造り革新」がある。最近の同社の勢いを語る上で切っても切れないこの画期的な試みについて、CX-5開発主査の大塚正志氏に聞いた。

“無難なクルマ”はつくらない

――本日「マツダブランド 革新・熟成・深化を目指して」と題し、商品本部の副本部長である野間幸治さんからお話がありました。この中に「一括企画・コモンアーキテクチャー構想・フレキシブル生産構想」というキーワードが出てきたのですが、それらについてもう少し詳しく教えていただけますか?

抽象的な話になるかもしれませんが、われわれは自分たちがどのようなブランドであるべきだとか、どのようなビジネスをすべきかといったことよりも、どのようなお客さんに選んでもらい、喜んでもらうかということのほうが大事だと思っています。われわれは製造業ではなく販売業。いいモノをつくればよいわけではなく、たくさんの中から選んで買ってもらわなくてはならない。その際、どういうお客さんに選んでもらうのかを考えるのが大事なのです。

――わかるようなわからないような……。

例えば、“冒険は不要。これを買っておけば安心”という尺度でクルマを選ばれるお客さんはうちのお客さんではありません。

――無難なクルマはつくらないということですか?

はい。うちのお客さんは、前提としてクルマが好きで、カーライフに刺激を求めている人たちだと考えています。何か面白いことをして世の中を変えてやろうといった人たちの目にとまるブランドでいたいんです。年間150万台規模のマツダが、ビジネスを成立させつつも、僕らが望むお客さんに選んでもらえるようにするためのソリューションが一括企画だと考えています。一括企画したものを効率よく生産するための手段がコモンアーキテクチャー構想であり、フレキシブル生産構想ですね。

“スモールプレーヤー”であるマツダが、今後もグローバルで高いブランド価値とビジネス効率を両立させていくためにはどうしたらいいか? その難問を解決するために「マツダ モノ造り革新」の活動が2006年に始まった。「どういうお客さんに選んでいただきたいかを考えることが大事」と大塚主査。
“スモールプレーヤー”であるマツダが、今後もグローバルで高いブランド価値とビジネス効率を両立させていくためにはどうしたらいいか? その難問を解決するために「マツダ モノ造り革新」の活動が2006年に始まった。「どういうお客さんに選んでいただきたいかを考えることが大事」と大塚主査。
「モノ造り革新」の土台となるのが一括企画。5~10年のスパンで、今後どのような商品や技術が必要となるかを予測し、全商品をまとめて企画する。その目的は、各車種のどこを“固定要素”として共通化し、どこを“変動要素”として個性を出すのか明確にした上で、標準構造をつくりだすことにある。
「モノ造り革新」の土台となるのが一括企画。5~10年のスパンで、今後どのような商品や技術が必要となるかを予測し、全商品をまとめて企画する。その目的は、各車種のどこを“固定要素”として共通化し、どこを“変動要素”として個性を出すのか明確にした上で、標準構造をつくりだすことにある。
<プロフィール>
1989年入社。車両設計部の内装品空調設計グループに所属し「MX-6」のインパネ開発を担当した。「ベリーサ」の内装開発リーダーや「CX-9」の設計副主査を経て、2007年に「CX-7」開発主査。2013年から「CX-5」などの開発主査を務める。
<プロフィール>
    1989年入社。車両設計部の内装品空調設計グループに所属し「MX-6」のインパネ開発を担当した。「ベリーサ」の内装開発リーダーや「CX-9」の設計副主査を経て、2007年に「CX-7」開発主査。2013年から「CX-5」などの開発主査を務める。
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る