マツダCX-5 開発者インタビュー

「モノ造り革新」はこれからが本番 2015.01.09 試乗記 マツダ
商品本部
主査
大塚正志(おおつか まさし)さん

「マツダCX-5」がデビューからこれほど短い期間で、これほど大規模なアップデートを果たせた背景には、マツダらしいクルマづくりを究極の効率で行おうとする「マツダ モノ造り革新」がある。最近の同社の勢いを語る上で切っても切れないこの画期的な試みについて、CX-5開発主査の大塚正志氏に聞いた。

“無難なクルマ”はつくらない

――本日「マツダブランド 革新・熟成・深化を目指して」と題し、商品本部の副本部長である野間幸治さんからお話がありました。この中に「一括企画・コモンアーキテクチャー構想・フレキシブル生産構想」というキーワードが出てきたのですが、それらについてもう少し詳しく教えていただけますか?

抽象的な話になるかもしれませんが、われわれは自分たちがどのようなブランドであるべきだとか、どのようなビジネスをすべきかといったことよりも、どのようなお客さんに選んでもらい、喜んでもらうかということのほうが大事だと思っています。われわれは製造業ではなく販売業。いいモノをつくればよいわけではなく、たくさんの中から選んで買ってもらわなくてはならない。その際、どういうお客さんに選んでもらうのかを考えるのが大事なのです。

――わかるようなわからないような……。

例えば、“冒険は不要。これを買っておけば安心”という尺度でクルマを選ばれるお客さんはうちのお客さんではありません。

――無難なクルマはつくらないということですか?

はい。うちのお客さんは、前提としてクルマが好きで、カーライフに刺激を求めている人たちだと考えています。何か面白いことをして世の中を変えてやろうといった人たちの目にとまるブランドでいたいんです。年間150万台規模のマツダが、ビジネスを成立させつつも、僕らが望むお客さんに選んでもらえるようにするためのソリューションが一括企画だと考えています。一括企画したものを効率よく生産するための手段がコモンアーキテクチャー構想であり、フレキシブル生産構想ですね。

“スモールプレーヤー”であるマツダが、今後もグローバルで高いブランド価値とビジネス効率を両立させていくためにはどうしたらいいか? その難問を解決するために「マツダ モノ造り革新」の活動が2006年に始まった。「どういうお客さんに選んでいただきたいかを考えることが大事」と大塚主査。
“スモールプレーヤー”であるマツダが、今後もグローバルで高いブランド価値とビジネス効率を両立させていくためにはどうしたらいいか? その難問を解決するために「マツダ モノ造り革新」の活動が2006年に始まった。「どういうお客さんに選んでいただきたいかを考えることが大事」と大塚主査。
「モノ造り革新」の土台となるのが一括企画。5~10年のスパンで、今後どのような商品や技術が必要となるかを予測し、全商品をまとめて企画する。その目的は、各車種のどこを“固定要素”として共通化し、どこを“変動要素”として個性を出すのか明確にした上で、標準構造をつくりだすことにある。
「モノ造り革新」の土台となるのが一括企画。5~10年のスパンで、今後どのような商品や技術が必要となるかを予測し、全商品をまとめて企画する。その目的は、各車種のどこを“固定要素”として共通化し、どこを“変動要素”として個性を出すのか明確にした上で、標準構造をつくりだすことにある。
<プロフィール>
1989年入社。車両設計部の内装品空調設計グループに所属し「MX-6」のインパネ開発を担当した。「ベリーサ」の内装開発リーダーや「CX-9」の設計副主査を経て、2007年に「CX-7」開発主査。2013年から「CX-5」などの開発主査を務める。
<プロフィール>
    1989年入社。車両設計部の内装品空調設計グループに所属し「MX-6」のインパネ開発を担当した。「ベリーサ」の内装開発リーダーや「CX-9」の設計副主査を経て、2007年に「CX-7」開発主査。2013年から「CX-5」などの開発主査を務める。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る