レクサスからスポーツセダン「GS F」登場【デトロイトショー2015】

2015.01.07 自動車ニュース
「レクサスGS F(北米仕様)」
「レクサスGS F(北米仕様)」 拡大

【デトロイトショー2015】レクサスからスポーツセダン「GS F」登場

トヨタ自動車は2015年1月7日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月12日~25日)に、スポーツセダン「レクサスGS F」を出品すると発表した。

GS Fは、「IS F」「RC F」に続くレクサスの新たな高性能スポーツモデルである。最高出力473ps(348kW)/7100rpm、最大トルク53.7kgm(527Nm)/4800-5600rpmを発生する5リッターV8エンジンを搭載。トランスミッションは8段ATが組み合わされ、マニュアルモードを選択すると、最短で0.1秒での変速を可能にするという。

また、RC Fと同じくコーナリング時に左右後輪の駆動力を制御する「TVD(トルクベクタリングデファレンシャル)」を採用。制御のモードは3種類で、「STANDARD」は俊敏さと安定性の最適なバランスを維持、「SLALOM」はステアリングレスポンスを重視、そして「CIRCUIT」は高速サーキットでの安定性を重視したモードとなっている。

このほかにも、スポーツドライビング時の高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立するために、専用設計のサスペンションを採用している。

主要諸元
・全長×全幅×全高:4915×1845×1440mm
・ホイールベース:2850mm
・トレッド:(前)1555mm/(後ろ)1560mm
・車重:1830kg
・タイヤ:(前)255/35R19/(後ろ)275/35R19

(webCG)
 

関連キーワード:
GS Fレクサスデトロイトモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 【北京ショー2018】「レクサスES」の7代目がデビュー 2018.4.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月25日、北京モーターショー(開催期間:2018年4月25日~5月4日)において、レクサスブランドのセダン「ES」の新型を世界初公開した。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
ホームへ戻る