第380回:「トヨタRAV4」の成人式

2015.01.09 エッセイ

「RAV4」が20周年だった

1月といえば成人式である。昨2014年、「いつかいつか」と思いながら、書くタイミングを失ってしまった20歳のクルマがあった。「トヨタRAV4」である。
新成人の定義を調べると「年度内」だ。それに甘えさせてもらい、2015年最初の「マッキナあらモーダ!」は、RAV4のお話を少々。

RAV4の20周年をつい書きそびれてしまったのには、理由がある。ボクが住む欧州では、トヨタ・モーター・ヨーロッパがプレスリリースを配信する程度で、あまりそれを盛り上げなかったからである。
こちらでは、大きな記念年は25年、欧米人が好きな「クォーター」単位だ。したがって、20年はまだ道半ばと判断したことは想像に難くない。

ただし欧州はRAV4にとって、誕生のキーとなった場所である。
1989年の東京モーターショーで参考出品されたコンセプトカー「RAV-FOURコンセプト」は好評を博し、1991年に開発計画にゴーサインが下される。しかし量産の対象とはされなかった。「コンパクトSUV」というジャンルが、市場に存在し得るかどうか、経営陣の誰もが判断しかねたからであった。さらに不幸なことに、開発計画は一旦休止されるまでに至った。

そうしたなか販売サイドから、コンパクトSUVを期待する空気が高まっていることを示唆された。その「販売サイド」とは日本と、そしてヨーロッパだったのだ。かくしてRAV4の開発計画は、再開された。

予想は的中した。1994年、発売初年にもかかわらず5万3000台のRAV4が全世界で売れた。翌1995年にその数は3倍に達し、2013年には発売年の10倍の販売を記録した。今日までに世界で販売されたRAV4は500万台以上にのぼる。うち約130万台がヨーロッパで売られ、現在もその9割以上が現役で路上を走っているという。欧州におけるトヨタにおいて、RAV4はヒット車種のひとつとなった。

初代から現行までの「トヨタRAV4」欧州仕様車。
初代から現行までの「トヨタRAV4」欧州仕様車。
初代「RAV4」の欧州仕様。
初代「RAV4」の欧州仕様。
初代「RAV4」の欧州仕様。その軽快なオフロードカーは、コンパクトSUVという新たなジャンルをヨーロッパで切り開いた。
初代「RAV4」の欧州仕様。その軽快なオフロードカーは、コンパクトSUVという新たなジャンルをヨーロッパで切り開いた。
2代目「RAV4」欧州仕様車。
2代目「RAV4」欧州仕様車。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。