優れた静粛性を実現 BSの新プレミアムタイヤ

2015.01.09 自動車ニュース
ブリヂストンの新製品、「REGNO GR-XI」(左)と「REGNO GRV II」(右)。
ブリヂストンの新製品、「REGNO GR-XI」(左)と「REGNO GRV II」(右)。

優れた静粛性を実現 ブリヂストンの新プレミアムタイヤ登場

ブリヂストンは2015年1月8日、乗用車用プレミアムタイヤ「REGNO GR-XI(レグノ ジーアール・クロスアイ)」と、ミニバン専用プレミアムタイヤ「REGNO GRV II(レグノ ジーアールブイ ツー)」を発表した。同年2月20日にGR-XIを、同年4月1日にGRV IIを、それぞれ発売する。

「REGNO GR-XI」
「REGNO GR-XI」
「REGNO GRV II」
「REGNO GRV II」

今回のGR-XIおよびGRV IIは、静粛性の高さがセリングポイント。
タイヤ踏面部の溝の中で発生したノイズを低減する「ダブルブランチ型消音器」や、路面からの振動を抑え車内へのノイズの伝わりを抑制する「ノイズ吸収シートII」など、路面ごとに異なる「気になりやすいノイズ」を低減する新技術を搭載することで、優れた静粛性を実現したという。

また、操縦安定性やウエットグリップ性能などについても改善を図っており、GR-XIではトレッド面におけるセンター部の接地性を向上させることで、静粛性を犠牲にすることなく車両のふらつきを抑制し、優れた乗り心地を実現。一方、GRV IIでは踏面部のブロック剛性と排水性を最適化することで、従来製品の「GRV」比で、転がり抵抗を18%低減するとともに、ウエットブレーキ停止距離を14%短縮している。

発売サイズは、GR-XIが175/65R14~245/45R19の全30種類、GRV IIが195/65R15~225/60R17の全10種類。価格は、前者が1万3716円~5万2920円、後者が1万9764円~2万9160円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。