「水野和敏的視点」 vol.82 華創日本発足説明会(後編)

2015.01.09 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.82 華創日本発足説明会(後編)

台湾で自動車の開発・製造・販売などを行う裕隆(ユーロン)グループ。その開発部門に当たる華創車電(ハイテック)は2014年12月12日、東京都内で日本支社の華創日本(ハイテックジャパン)の発足説明会を開催した。そこには「代表取締役兼最高執行責任者(COO)」という肩書を携えた水野和敏氏の姿が……。
水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。後半は“ミスターGT-R”が「クロスオーバー=スマートフォン」論を展開し、市場には未曾有の大変革が起こりつつあると指摘。「アジア開発圏」形成の必要性を説く。

後編では、華創日本(神奈川県厚木市)の様子を中心に紹介したい。ここは同社の最上階にある水野氏のデスク。日本と台湾を頻繁に行き来しており、「座っている暇がない」そうだ。
後編では、華創日本(神奈川県厚木市)の様子を中心に紹介したい。ここは同社の最上階にある水野氏のデスク。日本と台湾を頻繁に行き来しており、「座っている暇がない」そうだ。
リフトが備わる作業ベイ。この「メルセデス・ベンツGLAクラス」はクロスオーバー車の研究用?
リフトが備わる作業ベイ。この「メルセデス・ベンツGLAクラス」はクロスオーバー車の研究用?

■クロスオーバーはスマホだ

「今、自動車のマーケットではいったい何が起こっているのでしょうか。いきなりではありますが、スマートフォンを思い浮かべてください。スマホっていったい何でしょうか?

かつてはパソコンがあって、カメラがあって、携帯電話が(それぞれ別のものとして)ありました。それらをマルチ機能化してまとめたものがスマートフォンです。では、スマホになったからって、『カメラの性能が悪くていい』とか『電話の性能が悪くていい』とか『パソコンとしての計算機能や通信機能が悪くていい』なんて言う人がいるでしょうか? マルチになればなるほど、人は絶対的な性能を求めるようになるのです。

実はクルマにも、まったく同じことが起こっています。それがクロスオーバーカーです。

従来、クルマというものには、セダンがあって、ハッチバックがあって、SUVがあって、スポーツカーがありました。もちろん、これらは依然としてカテゴリーとして残っています。それは引き続きガラケーがあり、ラップトップがあるのと同じです。でも、ここにひとつの、クロスオーバーという新たなジャンルができてきたわけです」(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)/M2クーペ(FR/7AT)【海外試乗記】 2016.3.14 試乗記 「BMW 2シリーズ クーペ」をベースに、370psの3リッター・ストレート6ターボで武装した「M2クーペ」が公道に降り立った。このクルマこそ、われわれが待ち続けてきた「M3」の精神的な後継車といえるのではないだろうか。
ホームへ戻る