ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)

いいクルマの“いいとこ取り” 2015.01.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。

優等生だと思ったら……!

何を隠そう、新型ボクスターに乗るのはこれが初めて。初試乗でいきなり頂上グレードのGTSに乗ったので、他のグレードとの比較はできない。申し訳ありません。
しかし、多くのユーザーはすべてのグレードを試乗した上で買うわけでもないので、取りあえず1台乗って、あとはスペックや試乗記を見て詰めていきましょうという、通常の消費行動に近い試乗だと捉えていただきたい。

私の場合、あまりポルシェに乗る機会がない分、先入観が強かった。それは、「ボクスターはよく出来過ぎていてつまらないクルマ」というものだ。下取り時の値落ちが激しいのも、大いなるマイナスポイントだ。ボクスターを下取りに中古フェラーリへ進む方(偉い!)をよく拝見するのだが、かわいそうなほど買い取り価格が安いのが実情だ。

ミドシップのオープン2シーターといえば、地上で最もとんがった存在のはずだが、実際ボクスターに乗るとなんだかぼんやりと万人向けで華やかさも中途半端、ハンドリングオタクは「ケイマン」に流れ、ポルシェ買ったよと自慢すればボクスターでしょと突っ込まれ、結局どっちつかずの「こんなもん?」。それが先代ボクスターの印象だった。
つまり私の認識は、いい人だけどパンチが弱くて恵まれないボクスター、だったのである。新型はさらに優等生的になっているんだろうから、さらにつまらなくなってるんじゃないか。そんなことまで予想していた。

まったくの間違いであった。
初めて乗った新型ボクスター(GTS)は衝撃的だった。少なくともこのクルマは、ソツのない優等生ではない。それどころかこのクルマには、世界のスーパースポーツの美点(あるいは幻影)が、いいとこ取りでちりばめられていた。

「ボクスターGTS」は、オープン2シーターである「ボクスター」の最上級モデル。日本では2014年春に導入が発表された。


    「ボクスターGTS」は、オープン2シーターである「ボクスター」の最上級モデル。日本では2014年春に導入が発表された。

ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】の画像
ヘッドレスト一体型の、スポーティーなシート。テスト車には、オプションのシートヒーターが備わっていた。
ヘッドレスト一体型の、スポーティーなシート。テスト車には、オプションのシートヒーターが備わっていた。
サイドシルも、モデル名入りのプレートで飾られる。
サイドシルも、モデル名入りのプレートで飾られる。
ルーフの開閉は電動式になっている。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)
ルーフの開閉は電動式になっている。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る