スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)

もっと遠くへ 2015.01.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。

ラインナップの主役はこちら

2014年秋にフルモデルチェンジを受けたスバル・レガシィシリーズについて簡単におさらいをすると、ツーリングワゴンが廃止されてセダンの「B4」とクロスオーバーSUVのアウトバックの2本立てとなった。
パワートレインは2.5リッター水平対向4気筒自然吸気エンジンとリニアトロニック(CVT)の組み合わせのみの一本勝負。駆動方式は全車アクティブトルクスプリットAWD(四輪駆動)となる。

ボディーは従来型からひとまわり大型化。今回試乗したアウトバックは、全長は25mm長くなって4815mm、全幅は20mm広がって1840mmとなった。
この全長×全幅=4815mm×1840mmというサイズは、「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」の4705mm×1810mmと同「Eクラス ステーションワゴン」の4910mm×1855mmの中間ということになる。ちなみにレガシィの弟分たる「レヴォーグ」は、4690mm×1780mmだ。

2009年に5代目たる先代モデルが登場した時には、ボディーの拡大に対して「こんなに太ったレガシィはレガシィじゃない」という声があがった。けれどもスバルは国内専用ワゴン「レヴォーグ」を出すことでそうした声を封じ、販売台数の75%を占める北米市場で戦うべくレガシィのボディーを大きくした。
ちなみに北米でのアウトバックとB4の販売比率は2:1とのことであり、つまり現時点でのレガシィの主軸モデルはこのアウトバックということになる。

サイズ拡大の効果ははっきりしており、乗り込んで真っ先に感じるのがその広さだ。インテリアがシンプルであることと、そのデザインが運転席から助手席に向かって水平方向に展開していることも、スペースに余裕があると感じさせる一因となっている。
後席も足元、頭上ともに空間たっぷり。身長180cm級の大人4人が乗り込んでも、息苦しさを感じずに移動できる。
スバル伝統の水平対向エンジンを始動して走りだすと、その乗り心地に「オッ」と思わされた。

6代目となる新型「レガシィ」は、セダンの「B4」が2014年2月のシカゴオートショー、「アウトバック」が同年4月のニューヨークショーと、ともに北米の自動車ショーで発表された。
「レガシィアウトバック」のインテリア。内装色はブラックが基本だが、標準グレードにはオプションでアイボリーも用意されている。
中央にフルカラーのマルチインフォメーションディスプレイを備えた2眼式メーター。上級グレードの「リミテッド」には、光の色を10色から選べるメーターリング照明が装備されている。
オプションのオーディオには、これまで「レガシィ」に採用されていたマッキントッシュ製ではなく、ハーマンカードン製のサウンドシステムが採用された。
2代目「レガシィ」に設定された「レガシィグランドワゴン」を起源とする「レガシィアウトバック」。他の車名を名乗っていた時期も含めると、今年で誕生から20年目を迎える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る