トヨタは次期ヴェルファイアやGRMN86を出展【東京オートサロン2015】

2015.01.09 自動車ニュース
ブースの中央奥には、ニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦車両が並べられた。

【東京オートサロン2015】トヨタは次期「ヴェルファイア」や「GRMN86」を出展

トヨタ自動車は、2015年1月9日に開幕した「東京オートサロン2015 with NAPAC」に、次期「ヴェルファイア」をはじめとする市販予定車や、コンセプトモデルを出展した。

会場には、次期型「トヨタ・ヴェルファイア」を元にしたカスタマイズカー(写真)も。
次期型「ヴェルファイア」のインテリア。写真はドレスアップされた2列目シート。
トヨタ社内の有志が作った「TES-CROSS」はコンパクトなオープンカー。ベースモデルはなんと「ヴィッツ」。

「86」ベースのコンプリートカー「GRMN86」。いまはまだコンセプトモデル。

2014年に発表された燃料電池車「ミライ」の、ラリー仕様車。
発表されたばかりの限定車「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS 空色edition」(写真手前)と、同「若草色edition」も展示された。今後、2015年4月の1カ月間に限って販売される。

■ジャンルは違っても個性派ぞろい

ここ数年は、豊田章男社長がモータースポーツ活動の報告を行うなど、東京オートサロンでにぎやかなステージを見せていたトヨタだが、今年のプレスデイではそうしたステージイベントは開催されなかった。

とはいえ、最大規模のブースを構え、幅広いジャンルのカスタマイズカーを展示するという基本姿勢は変わらない。

中でも大きな人垣を作ったのは、もうすぐ発売されるとうわさの次期型「ヴェルファイア」をベースとした、ド派手なコンセプトモデル「style LB」。メディア関係車も新型を目にするのはこの日が初めてとあって、ブースでは一時、インテリアを撮影するための順番待ちができたほどだ。

注目度でいえば、トヨタ技術会(トヨタ社内の有志団体)が手がけたクロスオーバー車「TES-CROSS」もなかなかのものだった。小さくともインパクト十分のオープンボディーからは、ベースモデルが「ヴィッツ」とはわからない。個性的な外観はもちろんのこと、1リッターのスーパーチャージャー付きエンジンや「BMW i3」と同じ大径極細タイヤがもたらす走りをネタに、開発者と来場者の会話も盛り上がりを見せていた。

そんなトヨタブースで展示車の過半数を占めたのは、一般ユーザーがお店で手に入れることのできる“G's”および“GRMN”。昨年末に発表されたばかりの「マークX“GRMN”」や、今後の発売が期待されるコンプリートカー「GRMN86」のプロトタイプもブースの最前列に飾られ、方々からフラッシュを浴びていた。

(webCG 関)

→トヨタブースの詳しい写真はこちらから

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。