ジープ・グランドチェロキーの2012年モデル発売

2011.12.02 自動車ニュース

ジープ・グランドチェロキーの2012年モデル発売

クライスラー日本は、ジープブランドのフラッグシップ「グランドチェロキー」の2012年モデルを2011年12月3日に発売する。

2012年モデルでは、従来のエントリーグレードである「ラレード」と上級グレード「リミテッド」に加え、内外装を充実させた「オーバーランド」、5.7リッターV8エンジンとクォドラドライブII 4×4システムを搭載した「オーバーランド サミット」を追加。ラインナップの拡充を図った。

最上級グレードとなる「オーバーランド サミット」は、ラジエターグリルやフロントフォグランプベゼル、デュアルマフラーカッターなど、外装にクロームパーツを多用。また内装では、ステアリングホイール、シフトノブ、ドアパネル、インストゥルメントパネルなどをブラックオリーブの本木目とレザーの組み合わせで統一することで質感を高めている。
パワートレインは、可変シリンダーシステム(MDS)付き5.7リッターV8エンジンと電子制御式5段ATとの組み合わせで、最高出力352ps/5200rpm、最大トルク53.0kgm/4200rpmを発生する。

3.6リッターV6エンジン(286ps、35.4kgm)搭載の「ラレード」「リミテッド」および「オーバーランド」は、2012年モデルよりパワーステアリングを電動油圧式に変更した。

安全装備では、雨天時にブレーキをドライに保つことで制動力を確保する「レインブレーキサポート」と、ドライバーのペダル踏み変え速度をモニターし、ドライバーのブレーキ作動をサポートする「レディアラートブレーキ」を全車に標準装備。また、5段階の車高設定が可能な「クォドラリフトエアサスペンション」は、「リミテッド」「オーバーランド」「オーバーランド サミット」に標準装備となる。

価格は以下の通り
グランドチェロキー・ラレード:398万円
グランドチェロキー・リミテッド:523万円
グランドチェロキー・オーバーランド:578万円
グランドチェロキー・オーバーランド サミット:628万円。

(webCG)

「グランドチェロキー オーバーランド」
「グランドチェロキー オーバーランド」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る