KEN OKUYAMAとコラボしたジュリエッタ発売【東京オートサロン2015】

2015.01.10 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ」(下写真も)
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ」(下写真も)

【東京オートサロン2015】KEN OKUYAMA DESIGNとコラボした特別な「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」発売

KEN OKUYAMA DESIGNとFCAジャパンは2015年1月9日、東京オーサロン2015の会場において共同でプレスカンファレンスを開き、2社によるコラボレーションモデル「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレ」を発表した。同年1月31日に発売する。

ホイールは、国内で生産されるKEN OKUYAMA DESIGNのオリジナル品が装着される。
ホイールは、国内で生産されるKEN OKUYAMA DESIGNのオリジナル品が装着される。
Cピラー部に装着される鏡面仕上げのエンブレム。こちらは、新潟県内の金属加工業者の手になるもの。
Cピラー部に装着される鏡面仕上げのエンブレム。こちらは、新潟県内の金属加工業者の手になるもの。
「ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ」。写真奥に見えるのは、そのカラーリングの元となった「Kode9」。
「ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ」。写真奥に見えるのは、そのカラーリングの元となった「Kode9」。
この日はKEN OKUYAMA DESIGNの奥山清行氏も来場。あいさつに立った。
この日はKEN OKUYAMA DESIGNの奥山清行氏も来場。あいさつに立った。

今回発表された、ジュリエッタ ケン オクヤマ スペチアーレは、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スポルティーバ」をベースとする特別仕様車。
アルファレッドのボディーカラーをまとう「ロッサ」とアイスホワイトの「ビアンカ」が用意され、それぞれ、KEN OKUYAMA DESIGNが独自に開発・販売する車両「Kode7 Clubman(コードセブン クラブマン)」「Kode9(コードナイン)」をモチーフとしたストライプ、ステンレス鏡面仕上げのKEN OKUYAMAエンブレム、KEN OKUYAMA DESIGNオリジナルホイールでドレスアップされている。

価格はともに、395万2800円。

KEN OKUYAMA DESIGN代表取締役の奥山清行氏によれば、同社とFCAジャパンとのコラボレーションはこれが初めてだが、奥山氏自身は過去、アルファ・ロメオ車の開発に関わったことがあり、プライベートでも複数のアルファ・ロメオを所有してきた。
発表の場で奥山氏は、「ことの始まりは、KEN OKUYAMA DESIGNのKode7やKode9のデザインをより実用的なジュリエッタに生かすとどうなるのだろうか? という思いつきでしかなかったのですが、それが今回、現実のものになりました」とコメントしている。

(webCG 関)

→アルファ・ロメオ×KEN OKUYAMAブースの出展車両を写真でチェック

関連キーワード:
ジュリエッタアルファ・ロメオ東京オートサロン2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 第76回:騙されてつながった赤い糸 2018.2.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第76回は「騙されてつながった赤い糸」。「MJ戦略参謀本部」放談、第4弾。激安イタ車に愛を捧げ続けた男、安ド二等兵。彼が、諦めの境地で手に入れた「マツダ・デミオ」に、驚愕の事実が発覚!  
ホームへ戻る