スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)

このままでいてほしい 2015.01.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。

驚きのロングセラー

1998年の軽自動車規格改正に合わせて登場した3代目ジムニー。早いもので登場から間もなく17年になろうとしている。ハンス・ムートのデザインといわれている2代目のモデルライフが17年間だったことを思えば、それを上回る長寿となることはほぼ確実。同等の齢(よわい)を数える乗用車といえば「トヨタ・クラウンコンフォート」や「センチュリー」くらいしか見当たらないが、これらの大半はフリート向けとあらば、純粋な自家用国産新車としては最古と見ていいだろう。

もちろん、世代交代が期待されていないわけではない。モーターショーでそれらしき気配のただようコンセプトカーが現れては、フルモデルチェンジのうわさがささやかれたりしたものだが、結果的には細かなブラッシュアップや法規対応などを含め、都合10度ものランニングチェンジを繰り返しながら今に至っている。一方で、環境性能などは軽自動車として褒められたものではなく、そう遠くないうちに抜本的な対策をしなければならないことはスズキも先刻承知のはずだ。

それでも動けない理由は減価償却的な問題以上に、その需要の根強さや頑固さにあるのだろう。ジムニーの販売台数はここ10年単位で見ても20年単位で見ても、著しい変動はない。常に月1000台程度のペースで淡々と売れ続けている。それはスズキにとって屋台骨を支えるほどではないにせよ、精神的支柱には十分成り得るものだ。年を追うごとに軽自動車全体の選択肢も増え、時に直接的なライバルも現れた。それでも浮気することなくジムニーを指名買いするユーザーに絶対不義理はできない。どころか、その顧客の中には、休日の水遊びや山遊びにこのクルマを使う自社の役員もいる。社内で不満の声に直接被弾する恐れも十分ある中で、このクルマに携わる開発者のプレッシャーはいかばかりか。精神的支柱は精神的負担と表裏をなす。この厳しい状況を指して、以前、僕はジムニーのことを「スズキのクラウン」と評したことがあるのだが、それには浜松の一部方面から座布団3枚級の賛辞をいただいた。つまり、スズキにとってジムニーとは本当にそういうクルマなわけだ。

1970年の初代のデビュー以来、3世代45年にわたり販売されている「スズキ・ジムニー」。今回紹介する現行型だけでなく、初代は11年間、2代目は17年間と、いずれも長いモデルライフを誇った。
1970年の初代のデビュー以来、3世代45年にわたり販売されている「スズキ・ジムニー」。今回紹介する現行型だけでなく、初代は11年間、2代目は17年間と、いずれも長いモデルライフを誇った。
縦長のセンタークラスターが特徴的なインパネまわりは、2004年のマイナーチェンジの際に採用されたものだ。
縦長のセンタークラスターが特徴的なインパネまわりは、2004年のマイナーチェンジの際に採用されたものだ。
メッキグリルを装備した特別仕様車「ランドベンチャー」のフロントまわり。衝突時の歩行者頭部への衝撃を軽減するため、2012年5月にボンネットの高さや構造が変更された。
メッキグリルを装備した特別仕様車「ランドベンチャー」のフロントまわり。衝突時の歩行者頭部への衝撃を軽減するため、2012年5月にボンネットの高さや構造が変更された。
トランスミッションは5段MTと4段ATの2種類が用意されている。
トランスミッションは5段MTと4段ATの2種類が用意されている。
「ランドベンチャー」は、「ジムニー」に定期的に設定される特別仕様車である。今回のモデルは、2014年8月に発売されたもの。
「ランドベンチャー」は、「ジムニー」に定期的に設定される特別仕様車である。今回のモデルは、2014年8月に発売されたもの。
関連記事
  • 「スズキ・ジムニー」シリーズに特別仕様車 2014.8.19 自動車ニュース 「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」に特別仕様車「ランドベンチャー」が登場した。
  • イタリア版「ジムニー」は日本ムード全開!? 2010.12.3 自動車ニュース スズキのイタリア法人スズキ・イタリアは2010年11月27日、「ジムニー」の誕生40周年を記念した特別仕様車を設定し、販売を開始した。2010年12月30日までの期間限定販売となる。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【ブリーフテスト】 2002.1.17 試乗記 総合評価……★★★
    ……148.5万円




  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る