第5回:「ボルボV40」のあるライフスタイル

ボルボV40とノルディックウォーキングのいい関係 2015.01.19 特集 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

北欧の走りに共感したのなら、次は「北欧の歩き」に挑戦してみてはいかが? ポールを使って歩くノルディックウォーキングは勝ち負けのない、自分のペースで楽しむスポーツ。人を中心にして進化するクルマ、ボルボとの相性はとてもいいはずだ。

ポールを使って歩こう

ノルディックウォーキングという言葉は知っていたけれど、ここ最近は実際にこのスポーツを楽しんでいる人を見かける機会が増えた。公園や遊歩道などで、ポールを使って歩く人をよく見かけるのだ。
生活習慣病に苦しむ同級生が増えつつある40歳代後半としては、このスポーツに興味が湧く。調べてみると、普通のウォーキングの30~40%も消費カロリーが増すという。しかも下半身だけでなく上半身にも“効く”というから、健康に気をつけたい世代には願ったりかなったりだ。

クルマでの移動が多く、運動不足の解消を図りたい『webCG』編集部のスタッフも加わり、ノルディックウォーキングに出掛ける企画を立てた。といってもオジサン同士だと絵が汚い(!)ので、タレントの石原あつ美さんに同行していただくことにした。
目的地の富士五湖周辺までの足には、「ボルボV40」を選んだ。この選択の理由のひとつは、フィンランド発祥のノルディックウォーキングと“北欧つながり”だから。2015年モデルから変更されたシャシーや安全装備を試してみたいという目的もある。あとひとつ、最近のボルボのデザインは女性受けもいいだろうという狙いもあった。

もくろみは見事に当たり、集合場所に現れた石原さんは「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心することしきり。外観も気に入ったけれど特に北欧家具のようなインテリアが好みだという。
「ボルボV40 T4 SE」のラゲッジスペースにノルディックウォーキング用のポールやシューズ、ウエアを積み込んで、都内を出発する。走りだしてすぐに、「おっ」と頭の中にビックリマークがともった。

2015年型の「ボルボV40」には“年次改良”を超えた、さまざまな改良が施されている。外観では、新たにバンパー下部にLEDドライビングライトが装着された。
2015年型の「ボルボV40」には“年次改良”を超えた、さまざまな改良が施されている。外観では、新たにバンパー下部にLEDドライビングライトが装着された。
ノルディックウォーキングはパートナーがいればもっと楽しい。目的地は富士五湖の西湖。新たにボイスコントロール機能が追加されたナビがとても便利。
ノルディックウォーキングはパートナーがいればもっと楽しい。目的地は富士五湖の西湖。新たにボイスコントロール機能が追加されたナビがとても便利。
「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心する石原さん。
「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心する石原さん。
せわしない都市部を抜け出し、いざ西湖へ。
せわしない都市部を抜け出し、いざ西湖へ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボ車誕生90周年を記念した「V40」の限定車発売 2016.12.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年12月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「T3 Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、2017年1月3日に発売すると発表した。200台限定の販売となる。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る