ルノーがメガーヌR.S.の限定車3モデルを披露

2015.01.11 自動車ニュース
「メガーヌR.S. トロフィーR」は60台の限定販売。価格は499万円。
「メガーヌR.S. トロフィーR」は60台の限定販売。価格は499万円。

ルノーが「メガーヌR.S.」の限定車3モデルを披露

ルノー・ジャポンは東京オートサロン2015(開催期間:2015年1月9日~1月11日)で、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の限定車3モデルを公開した。(関連ニュースはこちら)

日本で企画された「メガーヌR.S. トロフィーS」。限定60台で477万円。
日本で企画された「メガーヌR.S. トロフィーS」。限定60台で477万円。
「メガーヌR.S. トロフィーR」(左)と「同トロフィーS」(右)。
「メガーヌR.S. トロフィーR」(左)と「同トロフィーS」(右)。
「メガーヌR.S. トロフィー」は限定90台で426万円。3モデルとも先行予約期間は1月9日から1月13日までとなっている。
「メガーヌR.S. トロフィー」は限定90台で426万円。3モデルとも先行予約期間は1月9日から1月13日までとなっている。
ルノー・ジャポンの大極代表取締役社長。
ルノー・ジャポンの大極代表取締役社長。

■最速の「R」、ファミリーカーにもなる「S」

メガーヌR.S. の3種類の限定車「トロフィーR」「トロフィーS」「トロフィー」は、すべて2015年2月5日に発売される。

最もハードなチューニングが施されたトロフィーRは、ニュルブルクリンクサーキットで量産FF車最速タイム(7分54秒36)を記録した車両と同内容の仕様。左ハンドルで乗車定員は2人となる。

それに対して、ルノー・ジャポンが日本の市場に向けてアレンジしたトロフィーSは、右ハンドルで定員は5人となる。普段はファミリーカーとして使え、サーキットではトロフィーRに勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮できるクルマに仕立てたという。

日本におけるルノー車の2014年の新車登録台数は4662台。新しいデザイン戦略にのっとって開発された「ルーテシア」と「キャプチャー」が販売をけん引し、ルノー・ジャポンの設立以来、最高となる数字を記録した。

「日本のお客さまがルノーにどんな期待を持っているのかを(ルノー本社に)説明し、交渉するのに時間を要した」と同社の大極 司(だいごく つかさ)代表取締役社長は振り返った。

また好調の理由を、「“フレンチタッチ”で個性的なデザインや、F1で培ったレースの技術などを盛り込んだ、(ファミリーカーにも使える)“普通のクルマ”をラインナップに添えていきたい。そういうモデルがようやく2014年にそろったのではないか」と分析した。

(webCG)

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る