マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)

熟成を深めたフラッグシップ 2015.01.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。

攻めのビッグマイナーチェンジ

アテンザがマイナーチェンジした。発売から2年とちょっと。有名な風邪薬風に言うなら“早めのマイチェン”だ。今回はCX-5とアテンザのマイチェンを同じタイミングで発表。同時に、今後「通常2~3年でマイチェン、4~5年でフルモデルチェンジといったパターンにとらわれることなく、どのクルマも改善、改良できる部分があったらなるべく早く反映する。マツダ車を一括で企画し、新しい装備は高いクルマから……といったことにこだわらず、タイミングが合えば安いクルマからでもどんどん採用する」という内容の決意表明もあった。また時を前後して、マツダ本体のデザイン本部が監修した新しいデザインのショールームを今後増やしていくことも発表された。マツダ、イケイケ! こうなりゃアマティ計画復活だ(若い人はググってね)! と期待したいところというのは冗談で、着実に大きくなってほしい。

アテンザがどう変わったかというと、クオリティーが上がった。安全装備が充実した。4WDが設定された。マイチェンの規模としては小さくない。

今回の試乗車はディーゼルの「アテンザセダンXDプロアクティブ」と「アテンザワゴンXD Lパッケージ」(ともにFF)の2台。
インパネやセンターコンソールのデザインが大胆に変更された。運転席はより“ドライバーオリエンテッド”に、助手席はより開放的な造形に改められた(写真は「XDプロアクティブ」)。
ヘッドライトからフロントグリルへとつながるクロムのアクセントパーツ「シグネチャーウィング」の造形がより立体的に。また、その下部にLEDが組み込まれて“間接発光式”となった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る