第381回:「メリーさんのひつじ」が流れる工場じゃ、いいクルマは作れない?

2015.01.16 エッセイ

話し声が聞こえない東京

日本ではハイレゾ音源が、低迷するAV機器需要の起爆剤として期待されている。
いっぽう年末年始のボクはといえば、アルゼンチン生まれの女性ピアニスト、マルタ・アルゲリッチ(73歳)が20代だった1960年代に録音されたショパンを聴いていた。音質は当然ながら40数年前の水準である。しかし、彼女の情熱ほとばしる演奏は、その低い録音クオリティーをまったく忘れさせてしまう。オーディオ機器メーカーで日々研究を重ねているエンジニアには恐縮だが、やはり音楽鑑賞は機器のスペックではなく、中身であると痛感したのだった。

ハイレゾの話はこのくらいにして、今回は音にまつわる話を少々。
イタリアに住むボクが毎回東京に降り立った途端感じるのは、「人の話し声が聞こえない」ことである。公共の場所で余計な話をしている人が少ないのだ。最近はカップルであっても、別々にスマートフォンをいじっていたりする。ボクなどは男子に「デート前に、女子が喜ぶ話のネタをいろいろ仕込んでおけよ」と説教したくなってしまう。

対して、イタリア人はよくしゃべる。知り合いはもちろん、見ず知らずの人にも、ボクのような外国人にも平気で話しかける。昨日も焼きたてのピッツァを入れた箱を抱えてバスに乗ったら、向かいに座っていたおばあさんから、「ピッツァだね。いい香りだねえ」といきなり親しげに話しかけられた。
銀行や役所などの窓口行列では、退屈しのぎに話しかけられる。そして自分の順番が来る頃には、相手の家族の話から、夏休みにどこに行ったかまで、ぜんぶわかってしまうことがある。

シエナ市街にて。2014年から一部路線で、ペルージャのランピーニ社製電気ミニバスが走るようになった。
シエナ市街にて。2014年から一部路線で、ペルージャのランピーニ社製電気ミニバスが走るようになった。
パリ地下鉄6号線ラ・モトピケ・グリュネール駅。
パリ地下鉄6号線ラ・モトピケ・グリュネール駅。
パリ・シャルル・ドゴール空港第2ターミナル。
パリ・シャルル・ドゴール空港第2ターミナル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。