ホンダ、HVとなった新型「NSX」を発表【デトロイトショー2015】

2015.01.13 自動車ニュース
新型「アキュラNSX」
新型「アキュラNSX」

【デトロイトショー2015】ホンダ、ハイブリッドシステムを搭載した新型「NSX」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2015年1月12日、北米国際自動車ショー(開催期間:2015年1月25日まで)において、新型「アキュラNSX」を発表した。

■ハイブリッドシステムで全輪を駆動

新型NSXは、「SPORT HYBRID SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載した、ミドシップの2座スポーツクーペである。

エンジンはドライサンプ潤滑方式を採用した直噴V6ツインターボで、キャビンの後方に縦置きで搭載。これに組み合わせるトランスミッションには、電動モーターを内蔵した9段デュアルクラッチ式ATを採用している。また、フロントには左右の前輪を個別のモーターで駆動するTMU(ツインモーターユニット)を搭載しており、ライントレース性を高めるため、左右輪の駆動力と減速力を制御するトルクベクトリング機構を備えている。

一方、車体構造はスペースフレーム式となっており、外板にはアルミニウムと超高強度鋼板を、フロアにはカーボンファイバーを採用。これらを高い精度で結合することにより、大幅な軽量化と高いねじり剛性および曲げ剛性を実現したという。前後独立懸架の足まわりはオールアルミニウム製で、フロントには19インチ、リアには20インチのタイヤとアルミホイールを装着。ブレーキはフロントが6ポット、リアが4ポットのモノブロックキャリパーと、カーボンセラミックブレーキディスクの組み合わせとなっている。

また制御システムとして、これらのパワーユニットやトランスミッション、シャシーの特性をダイヤル操作で切り替える「Integrated Dynamic System」を採用。走行モードは「Quiet」「Sport」「Sport+」「Track」の4種類で、Quietモードを選択すると、低速域ではモーターのみでの走行が可能となる。また、発進時にエンジンと3つのモーターをフル活用した加速を行う「ローンチモード」も備わっている。

■生産はアメリカの専用工場で完全内製

キャビンフォワードなパッケージングでまとめられたエクステリアについては、各部のディテールで安定性を高めるダウンフォースの発生や、エンジン冷却のための効果的なエアフローマネジメントなどといった機能性を表現。オハイオにある風洞実験施設でテストを重ね、高い空力性能を達成しているという。

一方、インテリアについては「Human-Support Cockpit」をコンセプトとし、ドライバーが運転に集中できるデザインを追求。メーターパネルには視認性に優れたカラー液晶ディスプレイを採用している。

生産拠点となるのは、米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で、およそ100名の従業員がボディー製造、塗装、最終組み立てまでを担当。外部サプライヤーがボディー製造などを担う一般的なスーパーカーとは異なり、ボディー製造から最終組み立てまでが、完全に内製で行われる。

予約受付開始は2015年夏。価格は約15万ドルからとなっている。

主要諸元
・全長×全幅×全高:4470×1940×1215mm
・ホイールベース:2630mm
・トレッド:(前)1655mm/(後ろ)1615mm
・システム最高出力:550hp以上

(webCG)

→新型「アキュラNSX」の発表会場の様子はこちら
→新型「アキュラNSX」のより詳しい写真はこちら
 

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る