ポルシェから「911タルガ4 GTS」が登場【デトロイトショー】

2015.01.13 自動車ニュース
「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」

【デトロイトショー】ポルシェから「911タルガ4 GTS」が登場

独ポルシェは2015年1月13日、現在開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月25日まで)において、「911タルガ4 GTS」を発表した。

「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」と、独ポルシェのマティアス・ミューラー会長。
「ポルシェ911タルガ4 GTS」と、独ポルシェのマティアス・ミューラー会長。
「ポルシェ911タルガ4 GTS」発表会の様子。(右がポルシェ会長のマティアス・ミューラー氏)
「ポルシェ911タルガ4 GTS」発表会の様子。(右がポルシェ会長のマティアス・ミューラー氏)

911タルガ4 GTSは、自動格納ルーフを備えた911タルガ シリーズの高性能モデルに当たり、最高出力430psを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。パワーウェイトレシオは「911タルガ4S」の3.9kg/psから、3.6kg/psに改善している。装備も強化しており、スポーツクロノパッケージやPASMシャシー、20インチホイール、スポーツエキゾーストシステムを標準で採用。最高速は301km/h、0-100km/h加速は4.3秒という動力性能を実現している。

エクステリアのディテールは他の「GTS」モデルに準じたもので、「カレラ」の二輪駆動モデルから、左右のリアホイールアーチをそれぞれ22mmワイド化。リアタイヤも幅を10mm拡大している。また、フロントまわりには補助ラジエーター用の開口部を備えたバンパーや、スモーク加工を施したポルシェ・ダイナミック・ライト・システム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライトを採用。スポーツデザインドアミラーやブラックのエアインレットスクリーン、シルキーグロスブラックのセンターロック式20インチ 911ターボSホイールなども同車の特徴となっており、ロールオーバープロテクションバーの「targa」ロゴも、ホイールと同じくシルキーグロスブラックで仕上げられている。

一方インテリアでは、主要な素材として重量がレザーの半分というブラックアルカンターラを採用。フロントの4way調節式スポーツシートプラスには、「GTS」のロゴをあしらっている。

販売はドイツから、2015年3月中旬に開始される予定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
ホームへ戻る