GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

2015.01.14 自動車ニュース
「キャデラックCTS-V」
「キャデラックCTS-V」

GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年1月14日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月25日まで)で公開された新型「キャデラックCTS-V」を、日本に導入すると発表した。

デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。
デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。

キャデラックCTS-Vは2013年3月のニューヨーク国際オートショーで発表された「CTS」の高性能モデルで、最高出力640hp、最大トルク87.2kgmを発生するスーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンを搭載。最高速は200mph(約320km/h)、0-60mph(0-97km/h)加速は3.7秒と公表される。

キャデラックの高性能モデルである「Vシリーズ」は、これまでに先代「CTS-V」「STS-V」「XLR-V」が日本へ導入されており、2014年11月には、同年のロサンゼルスオートショーで公開された「ATS-V」の日本導入も発表されている。

新型CTS-Vの日本仕様のスペックや、価格、導入時期については、明らかにされていない。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る