GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

2015.01.14 自動車ニュース
「キャデラックCTS-V」
「キャデラックCTS-V」

GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年1月14日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月25日まで)で公開された新型「キャデラックCTS-V」を、日本に導入すると発表した。

デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。
デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。

キャデラックCTS-Vは2013年3月のニューヨーク国際オートショーで発表された「CTS」の高性能モデルで、最高出力640hp、最大トルク87.2kgmを発生するスーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンを搭載。最高速は200mph(約320km/h)、0-60mph(0-97km/h)加速は3.7秒と公表される。

キャデラックの高性能モデルである「Vシリーズ」は、これまでに先代「CTS-V」「STS-V」「XLR-V」が日本へ導入されており、2014年11月には、同年のロサンゼルスオートショーで公開された「ATS-V」の日本導入も発表されている。

新型CTS-Vの日本仕様のスペックや、価格、導入時期については、明らかにされていない。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
ホームへ戻る