ホンダEV-STER:こんな時代だからこそEVで正解

【コレはゼッタイ!】ホンダEV-STER:こんな時代だからこそEVで正解

「ビート」の再来か? と噂されていたスモールスポーツコンセプトがついにベールを脱いだ。名前は「EV-STER(イーブイ スター)」。やはり、こういう時代だから、そのままビートを復刻しても芸がない。だから、電気自動車なのだ。


ホンダEV-STER:こんな時代だからこそEVで正解

■数字よりずっと存在感は大!

「ホンダEV-STER」は後輪駆動を採用している。全長×全幅×全高=3570×1500×1100mmとサイズは小さいが、実物は数字より大きく見えて、存在感は十分だ。電気自動車だけに航続距離が気になるが、10kWhのリチウムイオンバッテリーにより、約160kmの走行が可能だという。バッテリー容量のわりに走行距離が長いのは、カーボン素材によりボディーの軽量化を実現したおかげ。最高速は160km/hだが、体感できる加速はガソリン車以上だろう。

スポーツドライビングの相棒として、そして、スポーティーなシティーコミューターとして、こんなEVスポーツカーが登場する日は近いのか? ホンダに期待である。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。