マツダ・アテンザ 開発者インタビュー

理想に近づいた 2015.02.03 試乗記 マツダ
商品本部
主査
松岡英樹(まつおか ひでき)さん

マツダのフラッグシップカーである「アテンザ」を、もっと理想に近づけたい――今回の“ビッグマイナーチェンジ”を率いた松岡主査の頭の中には、「魂動(こどう)」デザインの礎(いしずえ)となったコンセプトカー「靭(SHINARI)」や「雄(TAKERI)」の姿があったという。その舞台裏にはどんな思いや苦労があったのか。松岡主査に聞いた。

フラッグシップカーをそのままにしてはおけない

――いつからアテンザの主査を? もともと評判のいいクルマですが、マイナーチェンジに際し、気負いはありましたか?

これまでミニバンを中心に携わってきて、おととし(2013年)の8月にアテンザの主査を拝命しました。言われた直後はものすごくプレッシャーを感じました。アテンザは弊社のフラッグシップなので。

――そのフラッグシップをどう変えてやろうと?

好評をいただいているアテンザのスタイリングですが、もっと第6世代(マツダ社内では2012年に登場した「CX-5」以降のクルマをこう呼ぶ)の理想に近づけることができるんじゃないかと思って取り掛かりました。というのも、私がヨーロッパで「プレマシー」のローンチに携わっている頃、うちがコンセプトカーの靭を発表したんですが(2010年秋)、それに対する現地のジャーナリストの反響が大きくて驚いたんです。私自身も自社のクルマながら感動しました。靭をより市販車に投影したかたちの雄も出て、そちらも高い評判を得ました。市販のアテンザも靭や雄に近づけたかったんですよね。

――それではやりたいことは最初から明確だったんですね。

はい。ただ、最初は社内に「評判が高いのに変える必要があるのか?」という意見があったんです。

――実際、評判は高かったはずですが?

そうなんですが、その時点ではまだ登場していない「アクセラ」「デミオ」「CX-3」などの詳細が社内に伝わると雰囲気がガラッと変わりました。後から出るクルマのクオリティーがこれほど高いのなら、フラッグシップのアテンザが当初のままというわけにいかないな、と。

――なるほど。

正直に申し上げると、特にインテリアについては、発売時にも皆が皆納得していたわけではないんです。ただ、モデルチェンジのタイミングをいつまでも待てるわけではありませんし、つくりこむよりも早く発売することに価値があるという判断もありますから。

――では、今回はかなり理想に近づけることができたわけですか?

そうですね。マイナーチェンジに関係した人間は皆、かなり手応えを感じていると思います。

後から出てきた「アクセラ」や「デミオ」が、クオリティーの面でフラッグシップの「アテンザ」を追い抜く――。その情報が社内に伝わると、アテンザのマイナーチェンジに対する皆の意識が変わったという。
後から出てきた「アクセラ」や「デミオ」が、クオリティーの面でフラッグシップの「アテンザ」を追い抜く――。その情報が社内に伝わると、アテンザのマイナーチェンジに対する皆の意識が変わったという。
「魂動(こどう」デザインを最初に具体化したコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」。2010年9月に発表された。
「魂動(こどう」デザインを最初に具体化したコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」。2010年9月に発表された。
2011年10月に発表された4ドアセダンコンセプトカー「雄(TAKERI)」。より具体的に「アテンザ」を示唆していた。
2011年10月に発表された4ドアセダンコンセプトカー「雄(TAKERI)」。より具体的に「アテンザ」を示唆していた。
<プロフィール>
1985年入社。エンジン実研部に所属し「カペラ」「MPV/プロシード」「ファミリア」などの開発を担当した。2006年に「プレマシー」開発主査。2013年から「アテンザ」などの担当主査を務める。1961年生まれ。
<プロフィール>
	1985年入社。エンジン実研部に所属し「カペラ」「MPV/プロシード」「ファミリア」などの開発を担当した。2006年に「プレマシー」開発主査。2013年から「アテンザ」などの担当主査を務める。1961年生まれ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る