マツダ・アテンザ 開発者インタビュー

理想に近づいた 2015.02.03 試乗記 マツダ
商品本部
主査
松岡英樹(まつおか ひでき)さん

マツダのフラッグシップカーである「アテンザ」を、もっと理想に近づけたい――今回の“ビッグマイナーチェンジ”を率いた松岡主査の頭の中には、「魂動(こどう)」デザインの礎(いしずえ)となったコンセプトカー「靭(SHINARI)」や「雄(TAKERI)」の姿があったという。その舞台裏にはどんな思いや苦労があったのか。松岡主査に聞いた。

フラッグシップカーをそのままにしてはおけない

――いつからアテンザの主査を? もともと評判のいいクルマですが、マイナーチェンジに際し、気負いはありましたか?

これまでミニバンを中心に携わってきて、おととし(2013年)の8月にアテンザの主査を拝命しました。言われた直後はものすごくプレッシャーを感じました。アテンザは弊社のフラッグシップなので。

――そのフラッグシップをどう変えてやろうと?

好評をいただいているアテンザのスタイリングですが、もっと第6世代(マツダ社内では2012年に登場した「CX-5」以降のクルマをこう呼ぶ)の理想に近づけることができるんじゃないかと思って取り掛かりました。というのも、私がヨーロッパで「プレマシー」のローンチに携わっている頃、うちがコンセプトカーの靭を発表したんですが(2010年秋)、それに対する現地のジャーナリストの反響が大きくて驚いたんです。私自身も自社のクルマながら感動しました。靭をより市販車に投影したかたちの雄も出て、そちらも高い評判を得ました。市販のアテンザも靭や雄に近づけたかったんですよね。

――それではやりたいことは最初から明確だったんですね。

はい。ただ、最初は社内に「評判が高いのに変える必要があるのか?」という意見があったんです。

――実際、評判は高かったはずですが?

そうなんですが、その時点ではまだ登場していない「アクセラ」「デミオ」「CX-3」などの詳細が社内に伝わると雰囲気がガラッと変わりました。後から出るクルマのクオリティーがこれほど高いのなら、フラッグシップのアテンザが当初のままというわけにいかないな、と。

――なるほど。

正直に申し上げると、特にインテリアについては、発売時にも皆が皆納得していたわけではないんです。ただ、モデルチェンジのタイミングをいつまでも待てるわけではありませんし、つくりこむよりも早く発売することに価値があるという判断もありますから。

――では、今回はかなり理想に近づけることができたわけですか?

そうですね。マイナーチェンジに関係した人間は皆、かなり手応えを感じていると思います。

後から出てきた「アクセラ」や「デミオ」が、クオリティーの面でフラッグシップの「アテンザ」を追い抜く――。その情報が社内に伝わると、アテンザのマイナーチェンジに対する皆の意識が変わったという。
後から出てきた「アクセラ」や「デミオ」が、クオリティーの面でフラッグシップの「アテンザ」を追い抜く――。その情報が社内に伝わると、アテンザのマイナーチェンジに対する皆の意識が変わったという。
「魂動(こどう」デザインを最初に具体化したコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」。2010年9月に発表された。
「魂動(こどう」デザインを最初に具体化したコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」。2010年9月に発表された。
2011年10月に発表された4ドアセダンコンセプトカー「雄(TAKERI)」。より具体的に「アテンザ」を示唆していた。
2011年10月に発表された4ドアセダンコンセプトカー「雄(TAKERI)」。より具体的に「アテンザ」を示唆していた。
<プロフィール>
1985年入社。エンジン実研部に所属し「カペラ」「MPV/プロシード」「ファミリア」などの開発を担当した。2006年に「プレマシー」開発主査。2013年から「アテンザ」などの担当主査を務める。1961年生まれ。
<プロフィール>
	1985年入社。エンジン実研部に所属し「カペラ」「MPV/プロシード」「ファミリア」などの開発を担当した。2006年に「プレマシー」開発主査。2013年から「アテンザ」などの担当主査を務める。1961年生まれ。
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)【試乗記】 2012.12.29 試乗記 マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)
    ……313万6500円/280万9750円

    「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーと「魂動(こどう)」デザインを採用し、生まれ変わった新型「アテンザ」。マツダの新たなフラッグシップモデルの実力を、まずはガソリンエンジン搭載車で試した。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
ホームへ戻る