フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)

右脳で選ぶポロ 2015.01.21 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」シリーズの名脇役「クロスポロ」。この“カッコカワいい”スタイリングは理詰めではなく感性でこそ選ぶべき? ベースモデルの改良を受けて大幅なアップデートが施された新型の実力を、都内からのワンデイツーリングでチェックした。

引き続きコンパクト

「クロスポロ」は、ご存じ「ポロ」の派生車種。ただしベースとなるポロがBセグメントに存在するライバルたちよりもやや小ぶりであることから(世代が古いため、小ぶりになってしまったという方が適切か)、クロスオーバー化してもそれほど存在感が大きくなっていない。そこが現代のはやりからすればひとつの弱点でもあり、捉え方によっては美点ともなる。

ちなみにそのスリーサイズは、ベースとなるポロが全長3995×全幅1685×全高1460mmであるのに対して、クロスポロが4000×1710×1490mm(順に5×25×30mmの拡大)である。例えば、「ルノー・キャプチャー」が4125×1780×1565mmで、「フォード・エコスポーツ」が4195×1765×1655mmだから、クロスポロはクロスオーバー化してもまだかなり小さい。このクラスは生活に密着しているから、「安くて、広くて、背が高い」ことに加え、「押し出しが強い」ということは一応ありがたいことになっている。そんな目で見ると、「背が高いだけのポロ」はどうなのか?

エンジンはベースとなるポロがマイナーチェンジを受けて、DOHCヘッドとアルミ製のブロックを持つ1.2リッター直噴ターボとなったため、クロスポロにもこのDOHCユニットが搭載されている。組み合わされるトランスミッションは7段DSGだ。90psしかない小排気量エンジンをターボと多段化トランスミッションで走らせる手法はフォルクスワーゲンのお家芸。街中でのストップ・アンド・ゴーや、100km/h以下での加速に対しては全く不満がないどころか、DSGの反応などは年々洗練されており、このクロスポロにおいても、ツマラナイほどフツーに走ってくれる。

歴代「クロスポロ」のテーマカラーであるオレンジ。新型では、同じオレンジでも落ち着いたトーンの新色「ハニーオレンジメタリック」に変更されている。
歴代「クロスポロ」のテーマカラーであるオレンジ。新型では、同じオレンジでも落ち着いたトーンの新色「ハニーオレンジメタリック」に変更されている。
新型では標準型「ポロ」と同様に、ステアリングホイールとメータークラスターが「ゴルフ」風に変更された。
新型では標準型「ポロ」と同様に、ステアリングホイールとメータークラスターが「ゴルフ」風に変更された。
1.2リッター直4ターボユニットは従来より15psと1.5kgm控えめな90psおよび16.3kgmに。
1.2リッター直4ターボユニットは従来より15psと1.5kgm控えめな90psおよび16.3kgmに。
最低地上高は145mm。標準型と比べて15mm高い。
最低地上高は145mm。標準型と比べて15mm高い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る