フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)

攻めないフェラーリ 2015.01.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。

要注目のV8エンジン

私は年に1回、フェラーリのイベントをやっている。その時にはフェラーリが200台近く集まってくれるが、カリフォルニアは毎年1台いるかいないかだ。カリフォルニアは、従来のフェラーリファンとはまったく別の、こだわりのない富裕層が気軽に乗るためのフェラーリだから、そもそもディープなイベントに足を向けたりはしない。
逆に従来のフェラーリファンは、カリフォルニアにはまったく関心がない。そこには驚くべき断絶があり、見事にすみ分けられている。カリフォルニアは、モンテゼーモロ前会長が新しい顧客層を開拓する目的で開発したモデルであり、オーナーの7割は初めてフェラーリを買う方だというが、目的は見事に達成された。

私はディープなフェラーリマニアだから、カリフォルニアTにも関心はある。注目ポイントは何といっても「T」が意味する新開発のターボエンジンだ。今後フェラーリV8はすべてターボ化されるのが既定路線といわれており、次期V8ミドシップマシンも同様。今やV8ミドシップこそフェラーリマニアの魂のよりどころだから、関心を向けないわけにはいかないのだ。

もちろんそれだけでなく、フェラーリはすべからく速くカッコよくあってほしいので、購入対象ではなくても大いに気になるんですけど。
ということで、まずスタイル。今回の「T」はビッグマイナーチェンジともいうべきものなので、基本フォルムは変わっていないが、カリフォルニアに比べると非常にシャープかつシンプルになった。特にフロントフェイスは全体にエッジが鋭くなり、ヘッドライト形状は大幅にスリムかつモダンに。以前のクラシカルな顔つきも悪くはなかったが、「T」には現代のフェラーリらしい鋭さがある。
ボディーサイドでは、フロントフェンダー上端あたりから後方へと伸びるサイドエッジの形状が大きく変わった。カリフォルニアはこれを後端で複雑に跳ね上げていたが、「T」はそのまま直線的に後方へと流している。これだけで印象はぐっとシンプルかつスポーティーになった。

 
オプション「デュアルカラーインテリア」を選択した、テスト車のインテリア。
「カリフォルニア」の4.3リッターV8に代えて採用された、3.9リッターのV8ターボ。従来比で約50%増しの最大トルク(77.0kgm)を発生する。
リアビュー。バンパー下部の「トリプル・フェンダー・ディフューザー」が個性を主張する。
「フェラーリ・カリフォルニアT」は、「カリフォルニア」(2008年)の、“ビッグマイナーチェンジ版”として誕生した。日本では、2014年の後半にデリバリーが始められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カリフォルニアTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る