第382回:「大脱走」したくなる国境検問所

2015.01.23 エッセイ

スイスは「黄金郷」だった

2015年1月15日、スイス国立銀行は通貨スイスフランの上昇を抑えるために設定していた1ユーロ=1.2スイスフラン(以下、フラン)の上限を突如撤廃した。為替相場は大荒れし、フランが対ユーロで一時30%も急騰したのは、日本でも報道されたとおりである。 

ボクが住むイタリアにとって、スイスは地続きの隣国だ。今週は、スイスにまつわるよもやま話をしたい。

第2次大戦後、多くのイタリア人は、仕事を求めてスイスに渡った。貧しいイタリアとは対照的に「アルプスの向こうはエルドラード(黄金郷)だった」と当時の人々はよく振り返る。参考までに、ジュネーブモーターショーに40年以上にわたって連続出展しているカロッツェリア「スバッロ」を率いるフランコ・スバッロ氏も1957年、18歳のときに南部プーリアからスイスに移り住んだ人物だ。

近年、たとえフラン上昇抑制策が続いていても、スイスは働く場として魅力的な国であり続けた。知人のイタリア人・ダヴィデは、毎日国境を越えてスイス企業に通っている。「フランはレートが高いし、経営は安定している。いいことずくめだよ」とボクに語る。

スイスフラン(CHF)がユーロに対して急騰。円に対しても2014年末には1CHF=119円前後だったものが、いきなり135円近くになってしまった。
スイスフラン(CHF)がユーロに対して急騰。円に対しても2014年末には1CHF=119円前後だったものが、いきなり135円近くになってしまった。
フランコ・スバッロ氏(写真右)。弟子の作品とともに。2014年3月ジュネーブモーターショーで撮影。
フランコ・スバッロ氏(写真右)。弟子の作品とともに。2014年3月ジュネーブモーターショーで撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。