トヨタ・アクアX-URBAN(FF/CVT)

素直に喜ぶべきか 2015.01.26 試乗記 コンパクトSUVブームに乗り遅れまいと、トヨタが送り出した「アクアX-URBAN(エックス・アーバン)」。たくましいスタイリングを気軽に楽しめるクロスオーバーモデルの魅力と課題とは?

活躍の舞台はオンロード

小じゃれたコンパクトSUVの人気が高まる中、販売トップの「トヨタ・アクア」にも、そんな派生種が誕生した。X-URBANと名乗るそれのベースはアクアそのもの。グリルやフロントバンパーをたくましくデザインし直し、最低地上高を140mmから160mmに高めて175/60R16の大径タイヤを履かせただけで、そこそこ印象がワイルドになっている。全高が1490mmと35mm増えているのは、ぶっといルーフモールをはわせたためだ。SUVといってもことさら荒野に踏み込むわけではなく、アーバンの名の通り主な舞台は都会。ちょっとラフなアウトドアファッションで銀座を闊歩(かっぽ)する感じ。やたら飾りたてた「ハマー」などで夜の六本木を徘徊(はいかい)するより、コンパクトであるだけに良心的というか、知的レベルも高そうに見える。

主な機構部分がアクアそのままなのも、ソフトSUVとしての性格を表している。もちろん4気筒1.5リッターエンジン(74ps)と61psのモーターを組み合わせたハイブリッドだ。搭載するニッケル水素バッテリーの電力量は6.5kWh。アクアは基本的に37.0km/リッター(JC08モード)の好燃費で知られているが、わずかに重く(1090kg)空気抵抗やタイヤの転がり抵抗も増えたX-URBANは33.8km/リッターと発表されている。

「トヨタ・アクア」シリーズに追加されたクロスオーバースタイルの新モデル「X-URBAN」。2014年12月のマイナーチェンジ時に導入された。
インストゥルメントパネルまわりはベース車の「アクア」とおおむね共通。内装色はブラックのモノトーンとなっている。
ドアのスイッチパネルやダッシュボードの収納などには「X-URBAN」専用の加飾を採用。シルバーとオレンジの2色が用意される。
パワーユニットについては「アクア」と変わらず、「THS II」と呼ばれるハイブリッドシステムを採用。燃費は33.8km/リッター(JC08モード)となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る