レジャー装備を強化した「パンダ4×4」が登場

2015.01.21 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4アドベンチャー エディション」(実際の車両には、スキーキャリアアタッチメントは装備されない)
「フィアット・パンダ4×4アドベンチャー エディション」(実際の車両には、スキーキャリアアタッチメントは装備されない)

レジャー装備を強化した「フィアット・パンダ4×4」が登場

FCAジャパンは2015年1月21日、コンパクトSUV「フィアット・パンダ4×4」に特別仕様車「Adventure Edition(アドベンチャー エディション)」を設定し、同年1月30日に60台限定で発売すると発表した。

 

今回のパンダ4×4アドベンチャー エディションは、スキー板や自転車、サーフボードなどを装着できる「ベースキャリア」や汚れを気にすることなくラゲッジスペースを使うことのできる「ラゲッジマット カジュアル」を標準で採用した特別仕様車である。

ボディーカラーは「タスカングリーン」「アイスホワイト」「イタリアンレッド」の3色で、販売台数はそれぞれ33台、17台、10台となっている。

価格は253万8000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
ホームへ戻る