第275回:ブリヂストンの全輪駆動電動アシスト自転車に乗ってみた

2015.01.24 エッセイ

ブリヂストンサイクルは2015年1月19日、新型電動アシスト自転車「アルベルト e」を同年2月下旬に発売すると発表した。
体験試乗会も行われた、製品発表会の様子をお伝えする。

過酷化する通学事情

このたび発表されたアルベルト eは、通学用自転車として人気の高い「アルベルト」に電動アシスト機能を搭載したものだ。
「通学用自転車に電動アシスト」と聞いて「若いんだから、自分の足でこげよ」などと思ってしまったが、近年は特に地方において、通学環境が悪化の一途をたどっており、通学用電動アシスト自転車のニーズが高まっているというのだ。

アルベルト eの開発を担当したブリヂストンサイクル 商品企画一課課長の瀬戸慶太さんは、商品説明プレゼンテーションの中で、少子化に伴う高校の廃校や、過疎化による鉄道・バス路線の廃線で「通学の過酷化」が深刻だと強調した。

ブリヂストンサイクルの調査によると、自転車通学者のおよそ35%が、片道30分以上かけて通学しているそうだ。
1日60分、距離にして15kmを年200日通うとすると、年間走行距離は3000kmにもなる。下手をするとお父さんの「プリウス」よりも長い距離を走っていることになるかもしれない。

地方都市を舞台にした青春映画などで、自転車通学のシーンを目にするとほのぼのとした気分になるが、「過酷通学」の経験者には「あんな生易しいものじゃない」という感想を持つ人も多いのだろう。

 

「ブリヂストンサイクル・アルベルト e」
「アルベルトシリーズ」のイメージキャラクターを務める大友花恋さんと「アルベルト e」。


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ