クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場

2015.01.22 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGL350ブルーテック4MATIC」と、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
「メルセデス・ベンツGL350ブルーテック4MATIC」と、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。

メルセデス・ベンツが「GLクラス」にクリーンディーゼル搭載モデルを追加

メルセデス・ベンツ日本は2015年1月22日、「GLクラス」にクリーンディーゼルエンジン搭載の「GL350ブルーテック4MATIC」を追加し、発売した。

「GL350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルターボエンジン。
「GL350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルターボエンジン。
ディーゼルエンジンの搭載に加え、右ハンドルとなることもトピック。
ディーゼルエンジンの搭載に加え、右ハンドルとなることもトピック。

クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場の画像
「2015年はクリーンディーゼル車やPHV、ディーゼルHVなどを積極投入する」と語る上野社長。
「2015年はクリーンディーゼル車やPHV、ディーゼルHVなどを積極投入する」と語る上野社長。

クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場の画像

■GLクラスで唯一の右ハンドルを用意

メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶ7人乗りフルサイズSUVのGLクラスに、待望の“ブルーテック”、すなわち、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルが追加になった。GL350ブルーテック4MATICに採用されるのは、3リッターV6ターボディーゼルエンジンで、最高出力258ps/3600rpm、最大トルク63.2kgm/1600-2400rpmを発生。7段オートマチック、フルタイム4WDが組み合わされ、燃費は11.4km/リッター(JC08モード)となっている。

これまでGLクラスのラインナップは4.7リッターV8ツインターボの「GL550 4MATIC」(1326万8000円)と、5.5リッターV8ツインターボの「GL63 AMG」(1800万円)の2グレードで、いずれも左ハンドルしか選べなかった。一方、今回追加されたGL350ブルーテック4MATICは、クリーンディーゼルを搭載することに加えて、1000万円という価格や右ハンドル仕様となることから、販売台数の増加が期待できる。

■2015年はクリーンディーゼル車をさらに充実

現在、メルセデス・ベンツは「Eクラス」「Mクラス」「Gクラス」にクリーンディーゼルモデルを設定しており、特にSUVのMクラスとGクラスでは販売台数の7割以上をクリーンディーゼルが占めているという。今回、GL350ブルーテック4MATICが設定されたことで、メルセデスのディーゼル人気がますます高まることが予想できるが、同社はさらに、2015年春にEクラスと「CLSクラス」の4気筒クリーンディーゼル、2015年下半期に「Cクラス」の4気筒クリーンディーゼルをそれぞれ追加し、攻勢をかける。加えて、2015年下半期にはCクラスのプラグインハイブリッドを、また、年末には日本初となるディーゼルハイブリッド搭載モデルを投入することで、自動車メーカーとして技術的な先進性を示したい考えだ。

GL350ブルーテック4MATICの発表会場では、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長が2014年の販売を振り返り、グローバルおよび日本市場ともに過去最高の販売を記録したと述べた。日本は前年比13.2%増の6万834台を販売したが、その要因として2013年に登場した「Sクラス」と、2014年に投入したCクラスが好調だったことを挙げている。2015年に関しては「安定して6万台を販売できる体制づくりに注力したい」と語った。

(文と写真=生方 聡)
 

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る