日産、自動ブレーキの採用車種拡大を発表

2015.01.23 自動車ニュース
日産自動車の片桐隆夫副社長。
日産自動車の片桐隆夫副社長。

日産、自動ブレーキの採用車種拡大と販売体制の強化を発表

日産自動車は2015年1月23日、2015年度の国内販売の強化に向けた取り組みの概要を発表した。

 

■2015年は「基盤固めの年」

同社は、2016年度に主要コアモデルの刷新や軽自動車の増強、電気自動車(EV)の技術を活用したエコカーの導入などを予定しており、大きな新型車の投入予定がない2015年度を「基盤固めの年」と捉え、販売力の強化を推し進めるとしている。

販売ネットワークの強化については、2100ある店舗のうち、80%に当たる1700店舗において改装を実施。このうちの500店舗については2014年度内に改装を行う予定で、2016年度上期までに、残りの1200店舗を改装するとしている。また女性ユーザーに配慮した「レディファースト認定店」を2014年度に100店舗新設し、2015年度には300店舗に拡大。エキスパートショップについても2014年度に160店舗を新設し、2015年度には400店舗にまで拡大する予定だ。

一方人員については、2014年度は1万2300人だった「カーライフアドバイザー」と呼ばれる営業スタッフの数を、2018年度までに1万4000人体制とする予定。特に女性スタッフの数については、2015年度には全体の8%にあたる1000人、2018年度には10%にあたる1400人体制とする予定で、これは2013年度の倍近い人数となる。

こうした取り組みについて、日産の片桐隆夫副社長は「これまでの日産の販売店は、日産ユーザー以外の顧客を獲得するのが苦手だった。新規の顧客や女性にも入りやすく、入れば心地よい店舗にしていきたい」と述べた。

■幅広い車種に自動ブレーキを採用

また、販売車種の商品力を高める施策も実施する。同社では2020年までに自動運転技術を実用化するとしているが、その要素技術となるカメラ認知技術や操作自動化技術、具体的にはアラウンドビューモニターやスマートルームミラー、自動ブレーキ、自動パーキングシステムなどを、幅広いラインナップに採用すると発表した。

特に自動ブレーキについては、2015年度中に電気自動車、商用車を含む、ほぼすべてのカテゴリーのクルマに採用。「自動ブレーキなら日産」という認知を高めたいとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。