430psの「ポルシェ911タルガ4 GTS」受注開始

2015.01.23 自動車ニュース
「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」

「ポルシェ911タルガ4 GTS」の受注始まる

ポルシェ ジャパンは2015年1月23日、「ポルシェ911タルガ4 GTS」の予約受注を開始した。


430psの「ポルシェ911タルガ4 GTS」受注開始の画像

 


430psの「ポルシェ911タルガ4 GTS」受注開始の画像

ポルシェ911タルガ4 GTSは、デトロイトショー2015で世界初公開された、911タルガの高性能グレード。
430psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載するほか、スポーツクロノパッケージ、スポーツエキゾーストシステム、20インチホイールなどが標準で備わる。(関連記事はこちら

日本導入モデルのトランスミッションは7段PDKのみで、ハンドル位置は左右ともに選択可能だ。
価格は2017万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る