トヨタ・エスクァイア ハイブリッドGi 7人乗り(FF/CVT)

試合巧者の本領発揮 2015.01.27 試乗記 トヨタの5ナンバーサイズミニバンに、「ヴォクシー」「ノア」に続く第3のモデル「エスクァイア」が登場。その実力をリポートする。

多チャンネル戦略の申し子

現在、トヨタの公式ウェブサイトでエスクァイアのページを開くと“納期目処のご案内”という項目が出てくる。この原稿を書いている時点では、エスクァイアのハイブリッドを注文しても納車予定は4月以降。3~4カ月待ちということだ。つまり、エスクァイアのスタートダッシュは上々。トヨタの商品企画がうまくハマった好例である。

この『webCG』でもすでに鈴木真人さんも書いておられるように、エスクァイアはヴォクシー/ノアの顔ちがい&装備ちがいの兄弟車である。それ以上でも以下でもない。そんなエスクァイアの……というか、トヨタの企画力の巧妙なところは、このクルマを自社の販売ネットワークのスキ間を埋めるコマとして使いつつ、さらに日本中に飽きるほどあふれまくっているヴォクシー/ノアに対して“プチ高級”という位置づけにしたところだ。

エスクァイアは全国のトヨタ店およびトヨペット店があつかう。ヴォクシーの販売はネッツ店、ノアのそれがカローラ店の担当だから、エスクァイアの登場によって、ついにトヨタ系販売店のすべてで5ナンバーワンボックスが買えることになったわけだ。

トヨタのように販売店をあえて複数のネットワーク系列に分割して、それぞれに微妙に異なるモデルを供給して競わせる手法は、かつて“多チャンネル戦略”などと呼ばれた。多チャンネル戦略は昭和から平成初期にかけて、国産のほぼ全メーカーが取り入れていたが、バブル崩壊後、トヨタ以外は見事に撃沈した。商品の差別化の難しさやコスト高に加えて、自社内での販売競争が“共食い”にしかならなかった。
しかし、トヨタはひとり多チャンネル体制を維持して、今回のように、いまだにメリットをフル活用している。その是非はともかく、素直にたいしたものだ。

2014年10月29日に発売された「トヨタ・エスクァイア」。発売からおよそ1カ月を経た同年12月1日時点での受注台数は、4000台の月販目標台数に対し、2万2000台と発表された。
「エスクァイア ハイブリッドGi」のインテリア。内装色はブラックのモノトーンと、ブラックとバーガンディーのツートンカラーが用意されている。
シート表皮はガソリン車、ハイブリッド車とも最上級グレードの「Gi」のみ合成皮革。そのほかはファブリックとなる。
3眼式のオプティトロンメーター。兄弟車の「ヴォクシー/ノア」とは異なるデザインのものが採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。