ルノー・キャプチャーに日本導入1周年記念車

2015.01.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

「ルノー・キャプチャー」に日本導入1周年記念モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年1月26日、クロスオーバーモデル「ルノー・キャプチャー」の日本導入1周年を記念した限定モデル「ファーストアニバーサリーエディション」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回のキャプチャー ファーストアニバーサリーエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースに、専用の外装色やカーナビゲーションシステムなどを採用した特別仕様車である。

外装色は2種類のツートンカラーで、車体色には先代「ルーテシア」の特別仕様車「イニシアル・パリ」などと同じ「ベージュサンドレメタリック」を採用。ルーフには「イヴォワール」と「エトワールメタリック」の2色を用意している。

また、インテリアには同車専用のジップシートクロスとステアリングホイール、カロッツェリアのフルセグ対応2DIN SDナビを装備。シートクロスとステアリングホイールには、ルノーのひし形のロゴ「ロザンジュ」をモチーフにしたというデザインを取り入れている。

販売台数は、ルーフの色がイヴォワールのものが50台、エトワールメタリックのものが50台。価格はベース車と同額の267万2000円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記