ルノー・キャプチャーに日本導入1周年記念車

2015.01.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

「ルノー・キャプチャー」に日本導入1周年記念モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年1月26日、クロスオーバーモデル「ルノー・キャプチャー」の日本導入1周年を記念した限定モデル「ファーストアニバーサリーエディション」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回のキャプチャー ファーストアニバーサリーエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースに、専用の外装色やカーナビゲーションシステムなどを採用した特別仕様車である。

外装色は2種類のツートンカラーで、車体色には先代「ルーテシア」の特別仕様車「イニシアル・パリ」などと同じ「ベージュサンドレメタリック」を採用。ルーフには「イヴォワール」と「エトワールメタリック」の2色を用意している。

また、インテリアには同車専用のジップシートクロスとステアリングホイール、カロッツェリアのフルセグ対応2DIN SDナビを装備。シートクロスとステアリングホイールには、ルノーのひし形のロゴ「ロザンジュ」をモチーフにしたというデザインを取り入れている。

販売台数は、ルーフの色がイヴォワールのものが50台、エトワールメタリックのものが50台。価格はベース車と同額の267万2000円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る