ルノー・キャプチャーに日本導入1周年記念車

2015.01.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

「ルノー・キャプチャー」に日本導入1周年記念モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年1月26日、クロスオーバーモデル「ルノー・キャプチャー」の日本導入1周年を記念した限定モデル「ファーストアニバーサリーエディション」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回のキャプチャー ファーストアニバーサリーエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースに、専用の外装色やカーナビゲーションシステムなどを採用した特別仕様車である。

外装色は2種類のツートンカラーで、車体色には先代「ルーテシア」の特別仕様車「イニシアル・パリ」などと同じ「ベージュサンドレメタリック」を採用。ルーフには「イヴォワール」と「エトワールメタリック」の2色を用意している。

また、インテリアには同車専用のジップシートクロスとステアリングホイール、カロッツェリアのフルセグ対応2DIN SDナビを装備。シートクロスとステアリングホイールには、ルノーのひし形のロゴ「ロザンジュ」をモチーフにしたというデザインを取り入れている。

販売台数は、ルーフの色がイヴォワールのものが50台、エトワールメタリックのものが50台。価格はベース車と同額の267万2000円となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る