ホンダN-BOXスラッシュ Xターボパッケージ(FF/CVT)/N-BOXスラッシュ X(FF/CVT)

豊かな成熟 2015.01.29 試乗記 クーペスタイルの軽トールワゴン? ホンダが生んだ新種の軽乗用車「N-BOXスラッシュ」に、軽自動車文化の成熟を見た。

「N-BOX」をベースにしたチョップトップ

今年の初め、テレビ番組での女性タレントの発言がプチ炎上する騒ぎがあった。同窓会に夫が軽自動車で迎えにくるのは恥ずかしいという声に対し、「軽で迎えにくるなら見えないところに来るべきで、ベンツなら自慢できるから目の前に乗りつけてほしい」と反応したのだ。ツイッター上では「何さま?」と非難の声が湧き上がって、ネットニュースになった。まあ、どうでもいい浅はかな騒動である。

ただ、「軽自動車が安っぽい」ということを前提として話題が進行していることにはあきれてしまう。昨今の軽自動車がどれほど質感の高いものになっているのか、まったく知らないのだろう。炎上した女性タレントには、ぜひN-BOXスラッシュに一度乗ってみてもらいたいものである。間違いなく軽自動車のイメージが変わるはずだ。「ホンダNシリーズ」第5弾となるこのモデルは、日本の誇る軽自動車というジャンルに新しい可能性をもたらした。

背高スペース系の軽自動車の屋根を切り落としてクーペライクに仕立てるという発想には、意表を突かれた。エコなイメージのハイブリッドをスポーティーなモデルに仕立てた「CR-Z」という前例もあるが、正反対の要素を組み合わせて新たなフィールドを作り出すというのはホンダのお家芸なんだろうか。

今回は、軽自動車の業界地図を塗り替えたといわれるほど売れている「N-BOX」をベースにして、アメリカ車のカスタマイズでよく使われる「チョップトップ」の手法を用いた。いってみれば軽のスペシャリティーなのだが、それ自体は発明ではない。古い話だが、1960年発売の「マツダR360クーペ」は、実質2名乗車という割り切りでデザインを優先したモデルだった。その後のパワー競争もあり、スポーティーなイメージの軽には常に一定の需要があった。

「N-BOXスラッシュ」のグレードは「G」「G・Aパッケージ」「G・ターボAパッケージ」「X」「X・ターボパッケージ」の全5種類。写真は最上級グレードのX・ターボパッケージ。
「N-BOXスラッシュ」のグレードは「G」「G・Aパッケージ」「G・ターボAパッケージ」「X」「X・ターボパッケージ」の全5種類。写真は最上級グレードのX・ターボパッケージ。
インテリアのデザインは、メーカーオプションの「インテリアカラーパッケージ」を含め、全5種類が用意される。写真は「ハワイの明るくさわやかな空気感」を表現したという「グライド スタイル」のインストゥルメントパネルまわり。
インテリアのデザインは、メーカーオプションの「インテリアカラーパッケージ」を含め、全5種類が用意される。写真は「ハワイの明るくさわやかな空気感」を表現したという「グライド スタイル」のインストゥルメントパネルまわり。
メーターは「N-BOX」と同じく速度計、エンジン回転計、マルチインフォメーションディスプレイが独立した3眼式。シルバー塗装のメーターリングが標準装備となる。
メーターは「N-BOX」と同じく速度計、エンジン回転計、マルチインフォメーションディスプレイが独立した3眼式。シルバー塗装のメーターリングが標準装備となる。
足元の仕様はグレードによって異なり、「X」ではホイールキャップと加飾リング付きのスチールホイールとなる。色はボディーカラーに応じて、白と黒の2色が用意される。
足元の仕様はグレードによって異なり、「X」ではホイールキャップと加飾リング付きのスチールホイールとなる。色はボディーカラーに応じて、白と黒の2色が用意される。
こちらは上級グレードの「X」。カラーバリエーションは豊富で、ルーフを白や赤、黒に塗り分けた「2トーンカラースタイル」も含めると、全18種類が用意される。
こちらは上級グレードの「X」。カラーバリエーションは豊富で、ルーフを白や赤、黒に塗り分けた「2トーンカラースタイル」も含めると、全18種類が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXスラッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る