ジャガー史上最速モデル「XKR-S」日本上陸【東京モーターショー2011】

2011.12.02 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ジャガー史上最速モデル「XKR-S」日本上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年11月30日に開幕した第42回東京モーターショーにおいて、新たに日本市場に導入する「ジャガーXKR-S」を出展した。

日本に新規導入されるジャガー・モデルは、「XKR」のスペシャルバージョンとなる「XKR-S」クーぺ。英国ジャガーランドローバー本社のセールスディレクター、フィル・ポップハム氏は、「ジャガー史上で最速、最もパワフルなスポーツGT」とその魅力を紹介した。

550psを発生する5リッターV8スーパーチャージドエンジンにより、最高速は300km/h、0-100kn/hは4.4秒でこなす。ボディーの空力性能が煮詰められたほか、サスペンションが全面的に見直しを受けており、ハイパフォーマンスが徹底的に追求されている。受注生産という形で12月3日に発売され、価格は1750万円とされている。

(文=岩尾信哉)

ジャガー史上、最高の性能をうたう「XKR-S」
ジャガー史上、最高の性能をうたう「XKR-S」
サスペンションのセッティングやボディー各部の空力性能も見直されている。(写真=岩尾信哉)
サスペンションのセッティングやボディー各部の空力性能も見直されている。(写真=岩尾信哉)
「XKR-S」のほか、マイナーチェンジを受けた「XFR」も展示されている。
「XKR-S」のほか、マイナーチェンジを受けた「XFR」も展示されている。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • 第1回:スポーツカーにはストーリーが必要だ!
    「ジャガーFタイプ」の魅力を考える
    2017.2.16 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る 現代における“ジャガーネス”の源泉ともいえる「Fタイプ」に試乗し、その魅力を考える当連載。今回はジャガースポーツの金字塔ともいえる1960~70年代の「Eタイプ」に思いをはせながら、Fタイプを走らせた。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
ホームへ戻る