日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)

洗練された熱血マシン 2015.02.03 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。

NISMO印の本格ランニングシューズ

ものすごく熱いのにヤケドもしない、すぐ誰でも楽しめるのが「日産ジュークNISMO RS」。最もベーシックな1.5リッターのFFからして、ジュークは明るく健康的なスニーカー。そこにモータースポーツの総本山NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)が思い切り鼻のアブラを擦り込んだのが「ジュークNISMO」。1.6リッターターボの190psを200psに強化したほかシャシーも鍛え、タイヤも215/55R17から225/45R18にサイズアップした筋肉マシンだった。
それでもまだチューンの余地が残るほど基本設計の奥が深かったので、熱血のエンジニアたちは黙っていられなかったらしい。そこで過給圧やバルブタイミングだけでなく、コンロッドベアリングの耐久性を上げるなど、見えない部分まで本格的に手を加えて214psまで増強させたのがジュークNISMO「RS」だ。

自慢の電子制御4WD(オールモード4×4-i)もトルクベクタリングも専用仕立てなら、フロントのブレーキディスクを大径化して深紅のキャリパーと組み合わせ、リアディスクもソリッドからベンチレーテッドに格上げしてある。CVTのマニュアルモードも7段から8段に刻み直すなど思いの丈を注ぎ込んで、スニーカーを本格ランニングシューズにまで育ててしまった。

最高出力214psを発生する1.6リッター直4直噴ターボエンジン。25.5kgmという最大トルクは「ジュークNISMO」と同じだが、発生回転域は2400-4800rpmから2400-6000rpmに広げられている。
最高出力214psを発生する1.6リッター直4直噴ターボエンジン。25.5kgmという最大トルクは「ジュークNISMO」と同じだが、発生回転域は2400-4800rpmから2400-6000rpmに広げられている。
黒を基調に各部に赤いアクセントが施されたインテリア。ステアリングホイールはアルカンターラと本革のコンビタイプとなる。
黒を基調に各部に赤いアクセントが施されたインテリア。ステアリングホイールはアルカンターラと本革のコンビタイプとなる。
ディフューザー形状のリアバンパーなど、外装パーツは基本的に「NISMO」と同じだ。
ディフューザー形状のリアバンパーなど、外装パーツは基本的に「NISMO」と同じだ。
ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「スーパーブラック」の3色。
ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「スーパーブラック」の3色。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る