光岡、「ヒミコ」のカラーバリエーションを強化

2015.01.27 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」
    拡大

光岡、「ヒミコ」のカラーバリエーションを強化

光岡自動車は2015年1月27日、2シーターのオープンカー「ヒミコ」の2015年モデルを、同年1月30日に発売すると発表した。

2015年モデルのヒミコはカラーバリエーションを大幅に強化。ボディーカラーをこれまでの5色に31色の新色を加えた36色としたほか、ハードトップとドアミラーをブラック塗装で仕上げた仕様を新設定した。またオプションの「2トーンラッピング」についても、既存の3色に新色3色を追加。エクステリアのカラーバリエーションは、全481種類となった。

2015年モデルの販売台数は全15台。価格は「ARDOR(アルドール)」が491万4000円、「ARDOR本革パッケージ」が513万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヒミコミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る