クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)

「フィット」を名乗らぬ理由 2015.01.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。

ひとクラス上を狙う

ご近所の住宅街を歩いたり走ったりしていると、車庫にあった古い「マークII」や「ローレル」がいつのまにか「プリウス」や「アクア」に代わっていることがある。ボディーカラーはたいてい銀色か白である。もう特段クルマに興味はないのだが、かといって、なきゃ困る。一念発起して、古い4ドアセダンを買い替えようと思ったとき、そりゃあ、今はハイブリッドでしょ、なんていうストーリーが目に浮かぶ。

とりあえずそんなニーズにジャストフィットしそうなのがグレイスである。簡単にいうと、フィットをベースにしたノッチバック4ドアセダン。というと、かつてあった「フィット アリア」を思い出すが、グレイスはハイブリッド専用車である。「フィット ハイブリッド セダン」としてシリーズに組み込めば、アクアとの販売レースで優位に立てたかもしれないが、そうしなかったのはセダン化とともにひとクラス上を狙ったからだろう。

4440mmの全長はフィットより40cm長い。全幅は変わらず、5ナンバーを守るが、リアにトランクを追加しただけでなく、ホイールベースもフィットより7cm延長している。

価格帯は「フィット ハイブリッド」の168.2万~225.3万円に対して、グレイスは195万~241万円。今回試乗したのはFFの最上級モデル「EX」(221万円)。そういえば、ハイブリッドセダン初の4WDを取りそろえるのもグレイスの売りである。

「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」を意味する。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いが込められているという。
「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」を意味する。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いが込められているという。 拡大
インストゥルメントパネルはピアノブラックのパネルやシルバーの加飾などによって上級感が演出されている。
インストゥルメントパネルはピアノブラックのパネルやシルバーの加飾などによって上級感が演出されている。 拡大
1モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-DCD」を搭載。システム出力は137ps(101kW)に達する。
1モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-DCD」を搭載。システム出力は137ps(101kW)に達する。 拡大
全長は「フィット」(3955mm)より40cm以上長い4400mm。全幅は1695mmで5ナンバー枠に収まっている。
全長は「フィット」(3955mm)より40cm以上長い4400mm。全幅は1695mmで5ナンバー枠に収まっている。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

「アコード」に迫る広さ

セダンに敬意を表して、まずはリアシートに座ろう。

こりゃ広い。それもそのはず、後席の前後長は歴代ホンダ5ナンバーセダン最大。膝まわりの空間は、ボディー全長が50cm近く長い「アコード ハイブリッド」と同等だという。試乗にはたまたま「BMW 218iアクティブツアラー」が同道していた。2シリーズのアクティブツアラーも後席の広さが自慢だが、たっぷりしたクッション長を持つシートの座り心地そのものはグレイスのほうが上だった。

このハイブリッドセダンはまた、トランクも大きい。容量は430リッター。といってもピンとこないが、燃料タンクが40リッターだから、満タン10回以上かと思うとスゴイ。深いトランクの床下にリチウムイオンバッテリーを収めるために、フィット ハイブリッド用よりもユニットをコンパクトにしたという。

トランクの奥行きも85cmとたっぷりとられているが、さらにリアシートの背もたれを前に倒せばキャビンと貫通する。ただ、せっかくここまでやって残念なのは、背もたれの厚みがそのまま残って、床がフラットにならないこと。しかも、貫通部の上部両側にはプレート状の筋交いが溶接されていて、開口部は富士山のようなカタチに狭められている。ボディー剛性のためには必要な手だてだったのだろうが、これがなければ、嵩(かさ)モノも運べるハイブリッドセダンになれたのに、惜しい。ラゲッジルーム名人ホンダらしからぬしつらえだ。

試乗車「HYBRID EX」グレードでは、レザー調素材(プライムスムース)とファブリックのコンビシートが標準。本革も選択可能。
試乗車「HYBRID EX」グレードでは、レザー調素材(プライムスムース)とファブリックのコンビシートが標準。本革も選択可能。 拡大
後席を可能な限り後方に配置することにより、ホンダの歴代5ナンバーセダン中、最大となる後席の前後間隔を確保した。
後席を可能な限り後方に配置することにより、ホンダの歴代5ナンバーセダン中、最大となる後席の前後間隔を確保した。 拡大
トランク容量は430リッター。後席は60:40の可倒式。リアバルクヘッドに補強材を追加して「環状構造」とすることでボディー剛性を向上させている。(クリックすると後席背もたれが倒れる様子が見られます)
トランク容量は430リッター。後席は60:40の可倒式。リアバルクヘッドに補強材を追加して「環状構造」とすることでボディー剛性を向上させている。(クリックすると後席背もたれが倒れる様子が見られます) 拡大
リチウムイオンバッテリー内蔵のIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)をトランクのフロア下に搭載する(銀の部分)。
リチウムイオンバッテリー内蔵のIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)をトランクのフロア下に搭載する(銀の部分)。 拡大

動力性能に不満なし

グレイスのハイブリッドユニットは、スペックで見る限り、現行フィット初出の“スポーツハイブリッドi-DCD”と同じものである。1モーター式ながら、モーターより上流に置いたクラッチの断接で、1.5リッター4気筒エンジンと7段DCT内蔵のモーターを完全に切り離すことができる。そのため、モーターのみのEV走行も可能になった。

グレイスEXの車重は1200kg。フィット ハイブリッドの上級モデルとの差は大人ひとり分ほどだが、動力性能の印象は変わらない。穏やかな発進だと、モーターだけでスタートする。踏み込めばすぐにエンジン始動し、フルパワーだとそれなりにエンジンはウナるが、加速はなかなか力強い。フィットでは度重なるリコール問題でミソをつけたが、正常に動いていれば、いまさらワーキャーいうこともない、違和感のないパワーユニットである。

駆動用バッテリーに余裕があるときにEVボタンを押すと、モーターだけで走行できる。平たん路でやってみると、40km/hでソロソロと2kmほど走れた。

JC08モード燃費は、このEXで31.4km/リッター。フィット ハイブリッドからは1割ほどダウンしている。以前、フィットで350km走ったら、25.3km/リッターという個人史上最良燃費を記録したが、今回のグレイスは290km走って17km/リッター台だった。

「HYBRID EX」グレードのFFモデルのJC08モード燃費は31.4km/リッター。
「HYBRID EX」グレードのFFモデルのJC08モード燃費は31.4km/リッター。 拡大
LEDヘッドライト(ロービーム)が標準装備となる(ベースグレードの「HYBRID DX」を除く)。
LEDヘッドライト(ロービーム)が標準装備となる(ベースグレードの「HYBRID DX」を除く)。 拡大
メーターは単眼式。中央が速度計で、外周がブルーに光るようになっている。
メーターは単眼式。中央が速度計で、外周がブルーに光るようになっている。 拡大
このクラスには珍しいリアエアコンアウトレットが備わる。また「HYBRID EX」グレードでは、後席用アクセサリーソケットが2つ用意されている。
このクラスには珍しいリアエアコンアウトレットが備わる。また「HYBRID EX」グレードでは、後席用アクセサリーソケットが2つ用意されている。 拡大

広いギャップを埋めるセダン

足まわりでは、ダンパーの取り付け部や、リアサスペンションのブッシュに新たな工夫を施して、フィットよりひとクラス上の快適性を追求している。ホイールベースも7cm延びているから、身のこなしもコンフォート側に振れているはずだ。と言われればたしかにそんな気もしたが、それほど大きな違いは感じなかった。運転感覚はやはり「フィット ハイブリッドのセダン」である。

現行プリウスより3カ月早く出て、リーマンショック後の低迷期に国内販売を支えた「インサイト」はもういない。先代フィットに追加されたハイブリッドモデルに事実上、食われてしまったのだ。

「シビック ハイブリッド」はとっくにない。となると、フィットの上のハイブリッドは、SUVの「ヴェゼル」を除くと、いきなり全長4.9m超の「アコード」だ。

グレイスはその広いギャップを埋めるハイブリッドセダンである。ガチンコライバルが「カローラ アクシオ」のハイブリッドだとすると、あれほど営業車っぽくない内外装と広い後席が魅力だと思う。

(文=下野康史<かばた やすし>/写真=荒川正幸)

シャシーセッティングでは、心地よいハンドリングと上質な乗り心地の両立がテーマとされた。
シャシーセッティングでは、心地よいハンドリングと上質な乗り心地の両立がテーマとされた。 拡大
インテリアでは“素材感”を大切にしたという。助手席前のパッドパネルは柔らかなだけでなく、周囲をぐるりと取り囲むステッチの表現にもこだわっている。
インテリアでは“素材感”を大切にしたという。助手席前のパッドパネルは柔らかなだけでなく、周囲をぐるりと取り囲むステッチの表現にもこだわっている。 拡大
タイヤサイズは185/55R16。試乗車には「ダンロップSP SPORT 2030」が装着されていた。
タイヤサイズは185/55R16。試乗車には「ダンロップSP SPORT 2030」が装着されていた。 拡大
テスト車のボディーカラーはゴールドブラウンメタリック。
テスト車のボディーカラーはゴールドブラウンメタリック。 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・グレイスHYBRID EX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1695×1475mm
ホイールベース:2600mm
車重:1200kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:7段AT
エンジン最高出力:110ps(81kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:13.7kgm(134Nm)/5000rpm
モーター最高出力:29.5ps(22kW)/1313-2000rpm
モーター最大トルク:16.3kgm(160Nm)/0-1313rpm
タイヤ:(前)185/55R16 83V/(後)185/55R16 83V(ダンロップSP SPORT 2030)
燃費:31.4km/リッター(JC08モード)
価格:221万円/テスト車=246万9200円
オプション装備:車体色 ゴールドブラウンメタリック(3万2400円)/Hondaインターナビ+リンクアップフリー(22万6800円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:2187km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:290.7km
使用燃料:16.5リッター
参考燃費:17.6km/リッター(満タン法)/18.3km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダ・グレイスHYBRID EX
ホンダ・グレイスHYBRID EX 拡大

ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
グレイスホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事