ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)

「フィット」を名乗らぬ理由 2015.01.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。

ひとクラス上を狙う

ご近所の住宅街を歩いたり走ったりしていると、車庫にあった古い「マークII」や「ローレル」がいつのまにか「プリウス」や「アクア」に代わっていることがある。ボディーカラーはたいてい銀色か白である。もう特段クルマに興味はないのだが、かといって、なきゃ困る。一念発起して、古い4ドアセダンを買い替えようと思ったとき、そりゃあ、今はハイブリッドでしょ、なんていうストーリーが目に浮かぶ。

とりあえずそんなニーズにジャストフィットしそうなのがグレイスである。簡単にいうと、フィットをベースにしたノッチバック4ドアセダン。というと、かつてあった「フィット アリア」を思い出すが、グレイスはハイブリッド専用車である。「フィット ハイブリッド セダン」としてシリーズに組み込めば、アクアとの販売レースで優位に立てたかもしれないが、そうしなかったのはセダン化とともにひとクラス上を狙ったからだろう。

4440mmの全長はフィットより40cm長い。全幅は変わらず、5ナンバーを守るが、リアにトランクを追加しただけでなく、ホイールベースもフィットより7cm延長している。

価格帯は「フィット ハイブリッド」の168.2万~225.3万円に対して、グレイスは195万~241万円。今回試乗したのはFFの最上級モデル「EX」(221万円)。そういえば、ハイブリッドセダン初の4WDを取りそろえるのもグレイスの売りである。

「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」を意味する。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いが込められているという。
「グレイス」とは英語で「優美」「おもいやり」を意味する。「大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい」という思いが込められているという。
インストゥルメントパネルはピアノブラックのパネルやシルバーの加飾などによって上級感が演出されている。
インストゥルメントパネルはピアノブラックのパネルやシルバーの加飾などによって上級感が演出されている。
1モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-DCD」を搭載。システム出力は137ps(101kW)に達する。
1モーターのハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-DCD」を搭載。システム出力は137ps(101kW)に達する。
全長は「フィット」(3955mm)より40cm以上長い4400mm。全幅は1695mmで5ナンバー枠に収まっている。
全長は「フィット」(3955mm)より40cm以上長い4400mm。全幅は1695mmで5ナンバー枠に収まっている。
関連記事
  • ホンダ・グレイス 2014.12.1 画像・写真 ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.2 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)
    ……226万2500円

    ハイブリッドカーは効率を追求した乗り物。CVTではなく、あえてマニュアルトランスミッションという“非効率的”な手段を選ぶ意義とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る