第383回:9段ATでも間違いなくフィアット! 「500X」のディーラー発表会訪問記

2015.01.30 エッセイ

愉快なCMとともに

先週のことである。ボクのスマートフォンに1通の広告メッセージが舞い込んだ。

「『500X』到来。イタリアで企画・デザインされ、造られたフィアット。1月24~25日に全国の営業所に来て、キミも乗ってみてよ」

フィアットお得意の、友達口調である。
500Xとは、ご存じの読者の方も多いと思うが、2014年10月のパリモーターショーで発表されたフィアット製5人乗りクロスオーバーである。従来の「フィアット・セディチ」(スズキ初代「SX4」の姉妹車)の後継車という位置付けだ。

しかしながら、待たされたものだ。先に登場した妹分である「500L」の発表会場で、チラ見せ――ステージ上の扉を一瞬開いて見せるという演出――が行われたのは2012年7月のことだった。ディーラー発表会まで2年半を要したわけだ。ドイツ系ブランドの発表から発売までの短さからすると、スローライフ感覚全開で、「なんだよ、今ごろになって」ムードが個人的に漂っていたのも事実だ。

しかし、昨年パリの会場で公開されたCMは、典型的なイタリア風情を期待する外国人と、愉快なコトが好きなイタリア人双方を喜ばせるであろうグローバルなストーリーで、「待たされた感」が一気に吹き飛んでしまった。CMの筋を文字で解説するほどやぼなことはないので、興味のある方はこちらをご覧いただこう。ロケ地は、ボクが住むシエナと同じ、トスカーナ州の、とある村である。

先発の500Lや、3列シートの「500Lリビング」がセルビア工場で製造されているのに対して、500Xはイタリア南部のメルフィ工場で生産される。 「FGAスモール」と呼ばれるプラットフォームを採用していて、同じくメルフィ工場で造られるジープの新型車「レネゲード」(第373回参照)の姉妹車にあたる。

イタリア仕様のエンジン、駆動方式そして変速機の組み合わせは、ガソリンの1.4リッターターボ(140ps)は2WD+6段MT、「Eトルク」と名付けられた1.6リッター(110ps)は2WD+5段MT。ディーゼルは1.6リッター(120ps)が2WD+6段MT、2リッター(140ps)は4WD+9段ATである。
欧州排出ガス規制「ユーロ6」に全車適合しており、1.6Eトルクを除き、スタート&ストップシステムが装備されている。価格はイタリアで1万7500ユーロ(約233万円。付加価値税込み)からだ。

どこからボクの携帯電話番号を手に入れたのか知らないが、フィアットからショートメッセージで届いた「フィアット500X」のディーラー展示会の案内。
どこからボクの携帯電話番号を手に入れたのか知らないが、フィアットからショートメッセージで届いた「フィアット500X」のディーラー展示会の案内。
「フィアット500X」とシエナのディーラー「スコッティ」のフレンドリーなセールスマンたち。
「フィアット500X」とシエナのディーラー「スコッティ」のフレンドリーなセールスマンたち。
テストドライブに供されていたのは、最上級である2リッター4WDのなかでも一番立派な「フィアット500X クロスプラス」だった。
テストドライブに供されていたのは、最上級である2リッター4WDのなかでも一番立派な「フィアット500X クロスプラス」だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500Xの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。