第7回:V40で味わう京の峠・京の食

峠を越えて 2015.01.30 特集 ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/8AT)

ちょっとワケあって、洛北(らくほく)の山庵へ。その近くには、走りがいのあるワインディングロードが横たわっている。それならやはり操って手応えがあり、対話して楽しい相棒と行きたいではないか。よりスポーティーに磨き上げられた2015年型「ボルボV40 T5 R-DESIGN」で、いざ京の峠を越えてゆかん!

京の奥座敷へ

細かな予定に縛られることのない、あてなき旅。それはそれは贅沢(ぜいたく)なことだ。贅沢だからこそ、テレビでもそういう番組がもてはやされるのではないだろうか。

そういうブラリ系の旅を思い立てば、即座に実行に移すことができる。これこそがクルマが人を惹(ひ)きつける魅力の原点であり核心であり、最上のラグジュアリー性でもある……と、僕はそう思っている。

が、残念ながらいくら手元にクルマがあれど、思い立ったらすぐ出発進行とはいかないのがわれわれの現実だ。そういう時は目の前に具体的動機をぶら下げて、自らを奮い立たせてもいいかもしれない。目的地を決めるより先に目的を決める。金はなくとも時間ばかりは売るほど余っていた若かりし頃は、そんな旅をよくやったものだ。

では、目的地より先に決める目的とは一体なんなのか。

そりゃあ、メシに決まってる。

まずうまいもんが大前提にあり、副菜に美味(おい)しい景色のみえる道がある。そこが目的地となれば、往復の数時間はたとえ淡々とステアリングを握っているだけだとしても、自分を振り返り、改める時であればいい。少なくとも僕の場合、そういう行状が十分旅になりうる。

とりあえず、なにを食おうか。

クルマを走らせてまで味わいたくなるもの。そこに編集長が持ちかけてくれた提案が強力だった。一日3組のみが口にできる、完全予約制の鶏料理。それは京都の街中ではなく、奥座敷といわれる貴船(きぶね)や鞍馬(くらま)に近い側にあるという。

例えば東京からなら片道およそ500km。週末ドライブの達成感としてはおあつらえ向きな距離である。昼時をちょっと外した時間帯に予約を入れれば途端に気分はブラリ旅モード。やっぱり目の前に具体的なにんじんをぶら下げたほうが仕事がはかどることを、この週は思い知った。

2014年の秋にエンジンが2リッター直5ターボから、同じく2リッターの直4ターボに改められた「V40 T5 R-DESIGN」。トランスミッションも6段DCTから8段トルコンATに変更された。
2014年の秋にエンジンが2リッター直5ターボから、同じく2リッターの直4ターボに改められた「V40 T5 R-DESIGN」。トランスミッションも6段DCTから8段トルコンATに変更された。
新しい2リッター直4ターボエンジンは245psと35.7kgmを発生する。JC08モードの燃費値は、従来比で約14%向上の15.1km/リッターへ。
新しい2リッター直4ターボエンジンは245psと35.7kgmを発生する。JC08モードの燃費値は、従来比で約14%向上の15.1km/リッターへ。
「V40 T5 R-DESIGN」では、本革とパーフォレーテッドレザーのコンビネーションシートが標準。ステアリングにはシフトパドルが装着された。
「V40 T5 R-DESIGN」では、本革とパーフォレーテッドレザーのコンビネーションシートが標準。ステアリングにはシフトパドルが装着された。
試乗車のボディーカラーは鮮やかなレーベルブルー。
試乗車のボディーカラーは鮮やかなレーベルブルー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。