ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)

これぞポルシェのなせるわざ 2015.02.02 試乗記 2リッター直4ターボ搭載の「マカン」と3リッターV6ツインターボの「マカンS」。ポルシェの最新SUV2台を乗り比べ、その実力を検証した。

大切なのはパワーじゃなくて気持ちよさ

昨年末、12月26日に小田原で開催されたポルシェのオールラインナップ試乗会。ここで筆者は、編集部から一日遅れのすてきなクリスマスプレゼントをもらった。
人気殺到で試乗が抽選となったポルシェの最新SUV、マカン。これをみごと編集部K氏が引き当ててくれたのである。しかもベーシックグレードとマカンSの2台をだ。というわけで今回は、ぜいたくにも両車の乗り比べをしてみようと思う。

まずステアリングを握ったのはマカンS。しかし心配性の筆者には、ひとつ気がかりなことがあった。最初にウマいものを食べてしまうと、後がおいしく感じられないのではないかと思ったのだ。冷静に分析はできたとしても、結局のところ340psの魅力にはあらがえないのではないか、と。

試乗会場からひと転がし。高速道路の合流でアクセルをグイッと踏み込んだ瞬間に、その予想は見事に的中した。“S”としての圧倒的な存在感を与えたのは、言うまでもなくV6エンジンである。ダウンサイジング時代の最前線をひた走るだけあって排気量は“たったの”3リッターしかないが、ポルシェはこれをツインターボ化することで、リッターあたり約113psの340psというパワーをこのクルマに与えた。

なかでも筆者が感激したのは、パワーではなくその行程である。もちろんバンクごとにターボを配し、ターボラグを消し去る制御も素晴らしいのだが、そもそも96×69mmというオーバースクエアなシリンダー形状を持ったブロックと、バリオカム・プラス(バルブのリフト量とタイミングを可変する機構)というポルシェの基本要素が、痛快にして緻密なフィールを実現しているのではないかと思う。ブーストによる速さなど、慣れてしまえばどうということはない。しかしマカンには「いい機械に乗っている」という実感があり、ここにポルシェらしさを強く感じるのだ。アクセル開度に対する追従性は、遅れも先走りもないドンピシャのリニアリティー。低中速トルクのドライバビリティーは当然のことながら、回したときの快感指数が高いダウンサイジングターボエンジンに、筆者はコロッとやられてしまった。

今回試乗した「マカン」(左)と「マカンS」(右)。現在のラインナップでは、この上に400psの「マカン ターボ」が存在する。
今回試乗した「マカン」(左)と「マカンS」(右)。現在のラインナップでは、この上に400psの「マカン ターボ」が存在する。
「マカンS」のインテリア。テスト車にはオプションの「ナチュラルレザーインテリア」が採用されていた。
「マカンS」のインテリア。テスト車にはオプションの「ナチュラルレザーインテリア」が採用されていた。
フロントシートには8wayの電動調整機構を標準装備。オプションで、より細かな調整機構やメモリー機能を備えたシートも用意されている。
フロントシートには8wayの電動調整機構を標準装備。オプションで、より細かな調整機構やメモリー機能を備えたシートも用意されている。
「マカンS」の3リッターV6ツインターボエンジン。340psの最高出力と46.9kgmの最大トルクを発生する。
「マカンS」の3リッターV6ツインターボエンジン。340psの最高出力と46.9kgmの最大トルクを発生する。

ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のスポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る