マツダ・ロードスター プロトタイプ(FR/6MT)

軽量化が効いている 2015.01.31 試乗記 ついに新型「マツダ・ロードスター」がわれわれの目の前に現れた。ボディーサイズは歴代で最もコンパクトに抑えられ、車重は従来モデルと比べ100kg以上減がうたわれる4代目の走りやいかに? プロトタイプを伊豆のクローズドコースで試乗した。

“走り”はほぼ最終段階

4気筒エンジンをフロントミドシップ・マウントして、現行モデルよりも100kg以上の軽量化を目指す――すでに公開されていたそんなわずかな情報を踏まえ、一糸まとわぬ“実車”が姿を現したのが、2014年9月に行われたファン感謝イベントでのことだった。

さらにパリやロサンゼルスなど、その後に世界各地で開催されたモーターショーにも出展され、そのたびに「搭載エンジンは1.5リッター」「ただし、アメリカ仕様は2リッターユニットを搭載」などと、情報も少しずつ充実度を高めてきた。

そしていよいよ、そんなマツダの次期ロードスターをテストドライブできる時がやってきた。この日がこれほどに待ち遠しかった日本車の登場は、正直随分と久しぶりという印象だ。

とはいえ、公式には「2015年6月頃発売予定」とアナウンスされているように、実際に手に入れることができるようになるまでには、さらにしばしのリードタイムが必要。

それゆえ、今回乗ることができたモデルはプロトタイプである。確かに、内装にはまだ仕上がり状態に達していない部分があったし、マルチメディア機能の一部などにも、まだ最終仕様通り働かないものも。ただし、「走りに関しては、ほぼ開発の最終段階を迎えています」とは、試乗会で同席した開発担当のエンジニア氏の弁。

もっとも、そんな段階になってもまだ、一部のスペックや詳細なグレード構成などはベールに包まれたままだ。その背景には、“そろそろのタイミング”にあると推測できる、役所へのデータ届け出申請などの事情とも関連があるのかもしれない。

試乗の舞台は静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター。高低差約100mの“山岳コース”だ。
試乗の舞台は静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター。高低差約100mの“山岳コース”だ。
試乗車はプロタイプ。日本仕様の開発目標値として全長3915×全幅1730×全高1235mmというスリーサイズが掲げられている(全長はライセンスプレートなしの数値)。
試乗車はプロタイプ。日本仕様の開発目標値として全長3915×全幅1730×全高1235mmというスリーサイズが掲げられている(全長はライセンスプレートなしの数値)。
車重の目標値は1000kg。従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指す。
車重の目標値は1000kg。従来モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指す。
試乗会場に勢ぞろいした歴代の「ロードスター」。
試乗会場に勢ぞろいした歴代の「ロードスター」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る