BMW M4のDTMチャンピオン記念モデル発売

2015.01.28 自動車ニュース
「BMW M4クーペ DTM Champion Edition」
「BMW M4クーペ DTM Champion Edition」
    拡大

5台限定、BMWが「M4クーペ」のDTMチャンピオン記念モデルを発売

BMWジャパンは2015年1月26日、「BMW M4クーペ」の特別仕様車「DTM Champion Edition(チャンピオンエディション)」を5台限定で発売すると発表した。予約受け付けは2月末まで行い、希望者が多い場合は、3月上旬に抽選で購入当選者を決定する。納車は、2015年5月からを予定している。

今回の特別仕様車は、2014年のドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、BMWのマルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンを獲得したことを記念したもので、全世界で23台が販売される。

特徴は、ヴィットマン選手がドライブしたレーシングカーをモチーフにしたという外観デザインにあり、外装色に「アルピン・ホワイト」を採用したボディーには、ボンネットとトランクリッドにマットブラックの専用ボディーフィルムを採用。オレンジで縁取られた専用ブラックキドニーグリルや、ブラックで塗装された19インチアロイホイール、カーボンファイバー製のフロントスプリッターおよびリアトランクスポイラーなどを特別装備している。

具体的な装備内容や、付帯する特別サービスについては以下の通り。

エクステリア
・専用ボディーフィルム(ボンネット、ボディーサイド、トランク)
・19インチMライト・アロイホイール ダブルスポーク・スタイリング437M(ブラック)
・BMW Mパフォーマンスアクセサリー(カーボンフロントスプリッター+ブラックフロントブレード+専用ブラックキドニーグリル+カーボンミラーカバー+カーボンリアトランクスポイラー/カーボンリアディフューザー)
・専用リアクオーターウィンドウステッカー

インテリア
・フルレザーメリノインテリア(ブラック、シートおよびインストゥルメントパネル、ただしインストゥルメントパネルおよびドアトリム上部はウォークナッパレザー)
・BMW Mパフォーマンスアクセサリー(スポーツステアリングホイールII<アルカンターラ&ブルーセンターマーク付き>+カーボン/アルカンターラハンドブレーキグリップ+ カーボンM DCTレバー)
・専用カーボントリム(マルコ・ヴィットマン選手サイン&限定シリアルナンバー付き)
・専用ドアシル(マルコ・ヴィットマン選手サイン付き)

ドライビングダイナミクス
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・アダプティブMサスペンション
・最高速度280km/h(通常モデルは250km/h)

その他
・BMWコネクテッドドライブプレミアム
・ニュルブルクリンク北コースでのスペシャルドライビングレッスン(詳細未定)

価格は1399万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る