レンジローバー・イヴォーク日本デビュー【東京モーターショー2011】

2011.12.02 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ランドローバー、「レンジローバー・イヴォーク」を発表

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年11月30日に開幕した第42回東京モーターショーにおいて、「レンジローバー・イヴォーク」を発表した。

ランドローバーのラインナップに加わる「レンジローバー・イヴォーク」は、シャープなスタイリングが特徴の小型SUVだ。3ドアモデルのボディーサイズは全長×全幅×全高=4355×1900×1605mm(5ドアは全高が+30mm)。パワーユニットは2リッター直4ターボ(240ps、34.7kgm)のみ。5ドアの「イヴォーク」と3ドアの「イヴォーク クーペ」が用意され、イヴォークが450万円から、クーペが470万円からの価格設定となる。

英国ジャガーランドローバー本社のセールスディレクター、フィル・ポップハム氏は、イヴォークについて「現在の予約注文数は世界中で4万台に届く勢いです。80%は、初めて当ブランドを購入されるお客様です。このことは価値のある、また説得力をもつ本物の製品が、いかに新しいお客様を引きつけることができるか、ということを証明しています」とコメントした。

12月3日から受注が開始され、発売は2012年3月3日。輸入車の“コンパクトSUV”というカテゴリーの注目モデルとなることは間違いないだろう。

(文と写真=岩尾信哉)

ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右)
ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右)
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSEラグジュアリー(4WD/9AT)【試乗記】 2015.6.23 試乗記 ランドローバーの新型SUV「ディスカバリー スポーツ」に試乗。街乗り性能が洗練されても、オフロードの走破性を決して忘れないランドローバー。意外と骨っぽい“ディスコ”だが、だからこそ始まる恋(?)だってあるのだ。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る