レンジローバー・イヴォーク日本デビュー【東京モーターショー2011】

2011.12.02 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ランドローバー、「レンジローバー・イヴォーク」を発表

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年11月30日に開幕した第42回東京モーターショーにおいて、「レンジローバー・イヴォーク」を発表した。

ランドローバーのラインナップに加わる「レンジローバー・イヴォーク」は、シャープなスタイリングが特徴の小型SUVだ。3ドアモデルのボディーサイズは全長×全幅×全高=4355×1900×1605mm(5ドアは全高が+30mm)。パワーユニットは2リッター直4ターボ(240ps、34.7kgm)のみ。5ドアの「イヴォーク」と3ドアの「イヴォーク クーペ」が用意され、イヴォークが450万円から、クーペが470万円からの価格設定となる。

英国ジャガーランドローバー本社のセールスディレクター、フィル・ポップハム氏は、イヴォークについて「現在の予約注文数は世界中で4万台に届く勢いです。80%は、初めて当ブランドを購入されるお客様です。このことは価値のある、また説得力をもつ本物の製品が、いかに新しいお客様を引きつけることができるか、ということを証明しています」とコメントした。

12月3日から受注が開始され、発売は2012年3月3日。輸入車の“コンパクトSUV”というカテゴリーの注目モデルとなることは間違いないだろう。

(文と写真=岩尾信哉)

ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右)
ジャガーランドローバー本社のセールスディレクターのフィル・ポップハム氏(左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(右)
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。
2008年のコンセプトカー「LRX」に近いプロファイルを持つ3ドアの「イヴォーク クーペ」。
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。
「イヴォーク クーペ」より全高が30mm高くても、変わらずシャープな印象の5ドアの「イヴォーク」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る