マクラーレン・ホンダが新型F1マシンを発表

2015.01.30 自動車ニュース
「マクラーレン・ホンダMP4-30」

マクラーレン・ホンダが新型F1マシン「MP4-30」を発表

マクラーレン・ホンダは2015年1月29日(現地時間)、2015年シーズンのフォーミュラ・ワン(F1)世界選手権に参戦する新型マシン「MP4-30」を発表した。

マクラーレン・ホンダMP4-30は、3月15日のオーストラリアGPを皮切りに、2015年シーズンのF1を戦うニューマシン。
ホンダがハイブリッド技術を駆使して開発したという、1.6リッターV6直噴ターボをベースとするパワーユニット「ホンダRA615H」を搭載する。

これを駆るドライバーは、過去ワールドチャンピオンとなっている、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの2人で、MP4-30については、それぞれ以下のようにコメントしている。

フェルナンド・アロンソ:
「2月1日から始まるヘレスでのテストで、このマシンに初日から乗ることとなりました。まずは、最大限のパフォーマンスを引き出すことに集中します。私のキャリアにおいて、新たな一歩を踏み出すときです。今から、初めてF1に乗ったときのような興奮した気持ちでいっぱいです」

ジェンソン・バトン:
「冬の間、トレーニングを重ねてきましたが、間もなくMP4-30をドライブできることに、わくわくしています。たくさんのチャレンジが待ち受けていると思いますが、マクラーレン・ホンダの新たな歴史を共に築いていくことを、今からとても楽しみにしています」

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。