キャデラックCTSプレミアム(4WD/6AT)

隠れた、と言うのが惜しいスポーツセダン 2015.02.05 試乗記 キャデラックの大型ラグジュアリーセダン「CTS」に、四輪駆動システムを備えた上級グレード「プレミアム」が加わった。「スポーツセダン」を持って任じるキャデラックのフラッグシップは、雪の上でもドライバーズカーたりえるか? スタッドレスタイヤを履いて雪道をたどった。

その変身に戸惑う

「キャデラックを口にくわえて生まれてきたんだね」とフィリップ・マーロウが皮肉った頃の巨大なキャデラックは、まさしくアメリカの富を象徴する車だった。それから半世紀以上もたった今では、世の中もキャデラックそのものもまったく様変わりしていることは百も承知なのだが、それにしても、である。あのキャデラックがこんなにもスポーツ志向のセダンに変身しているとは、実に隔世の感ありと言わざるを得ない。

そもそも21世紀に入ってからは、少なくとも日本では販売ネットワークの変化やGM本体の経営破綻等の影響でキャデラックのブランドパワーが失われたのは事実である。キャデラックの名前を聞いたことがある人でも、いまだにとにかく巨大で豪勢な高級車を思い浮かべる人が大半ではないだろうか。しかしながら新世代のキャデラックは、もはやゆったりとした大きめのセーターを着ているような、リラックスした安楽志向のラグジュアリーサルーンではない。それどころか、通気性はあるけど水は通さない高機能素材のトレーニングウエアのようにぴたりと身体にフィットした、やる気満々のスポーツセダンである。コンパクトセダンの「ATS」もこのCTSもキラキラしたラグジュアリー感は昔通りに備えているが、ピアノブラックのインストゥルメントパネルが目を引くインテリアは精悍(せいかん)でタイトな居住まいであり、マグネシウム素材のシフトパドルなどもスポーティーそのもの。いかに顧客層の若返りを図りたいとはいえ、そして米国以外でもライバルに真っ向勝負を挑むとはいえ、これはあまりにも大胆な変身ではないかとこちらが心配になるほどだ。

「CTS」バッジの右横に、四輪駆動であることを示す「4」の文字。新しい上級グレード「プレミアム」は2014年12月に追加された。
「CTS」バッジの右横に、四輪駆動であることを示す「4」の文字。新しい上級グレード「プレミアム」は2014年12月に追加された。
インテリアカラーは「ジェットブラック/モレロレッドアクセント」。カーボンのトリムパネルがスポーティーさを強調する。。
インテリアカラーは「ジェットブラック/モレロレッドアクセント」。カーボンのトリムパネルがスポーティーさを強調する。。
試乗車のボディーカラーは有償ペイントの「ブラックダイヤモンドトゥリコート」。
試乗車のボディーカラーは有償ペイントの「ブラックダイヤモンドトゥリコート」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る