キャデラックCTSプレミアム(4WD/6AT)

隠れた、と言うのが惜しいスポーツセダン 2015.02.05 試乗記 キャデラックの大型ラグジュアリーセダン「CTS」に、四輪駆動システムを備えた上級グレード「プレミアム」が加わった。「スポーツセダン」を持って任じるキャデラックのフラッグシップは、雪の上でもドライバーズカーたりえるか? スタッドレスタイヤを履いて雪道をたどった。

その変身に戸惑う

「キャデラックを口にくわえて生まれてきたんだね」とフィリップ・マーロウが皮肉った頃の巨大なキャデラックは、まさしくアメリカの富を象徴する車だった。それから半世紀以上もたった今では、世の中もキャデラックそのものもまったく様変わりしていることは百も承知なのだが、それにしても、である。あのキャデラックがこんなにもスポーツ志向のセダンに変身しているとは、実に隔世の感ありと言わざるを得ない。

そもそも21世紀に入ってからは、少なくとも日本では販売ネットワークの変化やGM本体の経営破綻等の影響でキャデラックのブランドパワーが失われたのは事実である。キャデラックの名前を聞いたことがある人でも、いまだにとにかく巨大で豪勢な高級車を思い浮かべる人が大半ではないだろうか。しかしながら新世代のキャデラックは、もはやゆったりとした大きめのセーターを着ているような、リラックスした安楽志向のラグジュアリーサルーンではない。それどころか、通気性はあるけど水は通さない高機能素材のトレーニングウエアのようにぴたりと身体にフィットした、やる気満々のスポーツセダンである。コンパクトセダンの「ATS」もこのCTSもキラキラしたラグジュアリー感は昔通りに備えているが、ピアノブラックのインストゥルメントパネルが目を引くインテリアは精悍(せいかん)でタイトな居住まいであり、マグネシウム素材のシフトパドルなどもスポーティーそのもの。いかに顧客層の若返りを図りたいとはいえ、そして米国以外でもライバルに真っ向勝負を挑むとはいえ、これはあまりにも大胆な変身ではないかとこちらが心配になるほどだ。

「CTS」バッジの右横に、四輪駆動であることを示す「4」の文字。新しい上級グレード「プレミアム」は2014年12月に追加された。
「CTS」バッジの右横に、四輪駆動であることを示す「4」の文字。新しい上級グレード「プレミアム」は2014年12月に追加された。
インテリアカラーは「ジェットブラック/モレロレッドアクセント」。カーボンのトリムパネルがスポーティーさを強調する。。
インテリアカラーは「ジェットブラック/モレロレッドアクセント」。カーボンのトリムパネルがスポーティーさを強調する。。
試乗車のボディーカラーは有償ペイントの「ブラックダイヤモンドトゥリコート」。
試乗車のボディーカラーは有償ペイントの「ブラックダイヤモンドトゥリコート」。
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
    649psのスーパーセダンの週末性能を探る
    2017.3.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> キャデラックCTSと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートする連載「キャデラックCTSセダン日常劇場」。今回の主役は「CTS-V」である。このスーパーセダンでwebCG編集部員が家族とドライブに出掛け、ファミリーカーとしての性能を探る!
ホームへ戻る