第8回:プロに聞く「V40」のデザイン

感激、ふたたび 2015.02.04 特集 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

ボルボの人気モデル「V40」は、そのスポーティーなスタイリングもセリングポイントとされている。では、そんな北欧生まれのハッチバックを、デザインのプロはどう評価するのだろうか? 日本を代表するプロダクトデザイナー深澤直人氏に聞いた。

デザインのよさが戻ってきた

プロダクトデザイナーの深澤直人さんは、1980年代末から1990年代半ばにかけて、アメリカ西海岸のデザインコンサルティング会社に勤務した経験をお持ちだ。その時の愛車が、「ボルボ850」シリーズのステーションワゴンだった。

「これはすごいクルマが出たなと思って、即買いしました。それまでのボルボが持っていた、四角くて質実剛健な雰囲気は残しつつ、エレガントになったというか。僕は直感でクルマを選ぶタイプで、じっくり試乗したり専門誌で勉強することはほとんどありません。あのボルボも、パッと決めました」

ボルボV40を前にした深澤さんは、初めて850を見た時の感激が少しよみがえったような気がしたと語った。

「ボルボ850は人気が出たモデルだと記憶していますが、自動車メーカーに限らず、一度いいデザインを出した後は難しいじゃないですか。ボルボもそのあと試行錯誤がいろいろとあって、丸みを帯びていく方向しかなかった。それがこのV40になって、デザインのよさを取り戻してきた印象があります。まとまりがありつつ、大人のスタイリングになっています」

では、自動車のデザインを見る時、深澤さんはどこをご覧になるのだろうか。

「ヘッドライトやフロントのグリルなどをピンポイントで見るのではなく、全体のマスとしての塊を見ます。するとトータルの洗練度とか、塊を作り込む妙技というものがわかります。プロの中でも飛び抜けたプロと、クルマがよくわからずに作っている人との差ははっきりしています。まったく破綻のないクルマをデザインする、上のほうの人は数人しかいないと思いますね」

では、その数人とは、例えばだれなのだろうか?

現行型の「ボルボV40」がデビューしたのは、2012年3月のジュネーブショー。日本では2013年2月に発売され、以来好調なセールスが伝えられる。
現行型の「ボルボV40」がデビューしたのは、2012年3月のジュネーブショー。日本では2013年2月に発売され、以来好調なセールスが伝えられる。

第8回:プロに聞く「V40」のデザインの画像

“プレミアム・スポーツコンパクト”を掲げる「V40」。クーペらしいフォルムがセリングポイントの一つとなっている。


    “プレミアム・スポーツコンパクト”を掲げる「V40」。クーペらしいフォルムがセリングポイントの一つとなっている。
深澤直人(ふかさわ なおと)
プロダクトデザイナー
NAOTO FUKASAWA DESIGN代表。卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、 北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインやコンサルティングを多数手がける。電子精密機器から家具・インテリアに至るまで、手がけるデザインの領域は幅広く多岐にわたる。2010年よりグッドデザイン賞審査委員長。 日本民藝館五代目館長、多摩美術大学教授。
深澤直人(ふかさわ なおと)
    プロダクトデザイナー
    NAOTO FUKASAWA DESIGN代表。卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、 北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインやコンサルティングを多数手がける。電子精密機器から家具・インテリアに至るまで、手がけるデザインの領域は幅広く多岐にわたる。2010年よりグッドデザイン賞審査委員長。 日本民藝館五代目館長、多摩美術大学教授。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る