プジョー308シエロ(FF/6AT)

愛のハッチバック 2015.02.04 試乗記 エンジンもボディーもダウンサイジングが図られた新型「プジョー308」。フランス車ならではの魅力を春まだ浅い房総半島で味わった。

革靴をはいたネコ

スポーツカーみたいなコックピットにふさわしい、軽やかさが持ち味だった。乗り心地がいかにもフランス車らしい。サスペンションの設定が柔らかめで、船のような心地よいピッチングがある。路面の状況により、上下動がやさしく残る。プジョーのネコ足復活、と表現する人もいるかもしれない。

ネコの肉球に当たるタイヤは硬めで、コツコツ感がある。そこが現代的といえる。グッドイヤー・エフィシエントグリップという名称からも想起される、転がり抵抗の小さい燃費タイヤを履いている。「革靴をはいたネコ」なのである。

ふと見上げると、巨大なパノラミックガラスルーフがついている。屋根のスイッチを押すと、シェードがスルスルと開いて、夜の大気が押し寄せてくる。279万円から始まる日本仕様の「308」には3種類のグレードがあり、いま、私がドライブしているのは、このガラスルーフとアルカンターラのシートを特徴とする一番高価な「シエロ」、339万円である。最大のライバル「フォルクスワーゲン・ゴルフ」で「GTI」の次に高い「ハイライン」の322万2800円よりも高い。

抑制の利いたエクステリアとは対照的にインテリアには21世紀も10年以上が経過にしたにふさわしい未来感覚がある。ステアリングホイールがことのほか小径で、しかもラグビーボールのように、と表現するのは大げさに過ぎるにしても、やや楕円(だえん)形をしている。

眼前の計器類は左に速度計、右にエンジン回転計。回転計はアストン・マーティンのように反時計回りに右から左へと針が動く。エアコン、オーディオのスイッチは液晶パネルの中に収められている。

ゴルフクラスの5ドアハッチバックに、なぜスポーツカーもかくやのコックピットが必要なのか? 

小径ステアリングホイールとヘッドアップインストゥルメントパネルが特徴的な「308」のインテリア。
小径ステアリングホイールとヘッドアップインストゥルメントパネルが特徴的な「308」のインテリア。
最上級グレードの「シエロ」にはパノラミックガラスルーフが標準で装備される。
最上級グレードの「シエロ」にはパノラミックガラスルーフが標準で装備される。
ステアリングホイールの上部から見る形の計器パネル。エンジン回転計は反時計回りとなる。
ステアリングホイールの上部から見る形の計器パネル。エンジン回転計は反時計回りとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る