クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)

コンパクトカーの生き残る道 2015.02.06 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。

安いクルマが売れているのではない

2014年の新車販売で、軽自動車の比率が40.9%と、ついに4割を超えた。ベスト10には軽自動車が7台も入った。ベストセラーは「ダイハツ・タント」で、一年間で23万4456台を売った。登録車のトップはハイブリッドカーの「トヨタ・アクア」で23万3209台。いずれも平均でひと月に2万台近く販売したことになる。
ではここで紹介する三菱ミラージュはどうかというと、メーカーの発表をもとにすれば、同じ一年間で5592台にとどまる。同じクラスの輸入車でいえば、ドイツ車「フォルクスワーゲン・ポロ」の1万3766台にも届かない。

これらの数字から読み取れるのは、いまの日本では小さなクルマは売れるけれど、それは必ずしも安いクルマではないということ。燃費が良い順に売れているわけでもない。魅力的な商品があれば、相応の金額を払って手に入れている。

2012年に登場した現行ミラージュは、新興国生産による価格の安さ、800kg台という軽量ボディーによる燃費の良さがウリだった。その代わりデザインは凡庸で、1リッター3気筒自然吸気エンジンとCVTによる加速には覇気がなく、スタビライザーを持たないサスペンションは、21世紀の国産車とは思えぬハンドリングを備えていた。ハイブリッドカーを除く登録車でトップだった燃費は、間もなく他車に追い越された。

タイ生産の日本車というと、ほかに「日産マーチ」があるけれど、二輪車に枠を広げれば250cc以下の多くの車種がこの国で作られている。取材で何台か乗った経験から言えば、性能も品質も日本製に遜色なかった。だからこそ、どうしてミラージュはこういう作りなのかという感想を抱いていた。

2014年12月の一部改良で追加された新グレードの「1.2G」。1.2リッター車はFFのみで、4WDは用意されていない。
2014年12月の一部改良で追加された新グレードの「1.2G」。1.2リッター車はFFのみで、4WDは用意されていない。
    拡大
本革巻きのステアリングホイールやシフトノブが備わるインテリア。今回の改良では、新グレードの「1.2G」と「1.0G」「M」に、ピアノブラックの加飾パネルが採用された。
本革巻きのステアリングホイールやシフトノブが備わるインテリア。今回の改良では、新グレードの「1.2G」と「1.0G」「M」に、ピアノブラックの加飾パネルが採用された。
    拡大
「1.2G」と「1.0G」に標準装備となったターンランプ付きドアミラーは、寒冷地仕様を選ぶと下位グレードにも装備される。
「1.2G」と「1.0G」に標準装備となったターンランプ付きドアミラーは、寒冷地仕様を選ぶと下位グレードにも装備される。
    拡大
アルミホイールが装着されるのは「1.2G」のみ。タイヤサイズは175/55R15となる。
アルミホイールが装着されるのは「1.2G」のみ。タイヤサイズは175/55R15となる。
    拡大

さすがは1.2リッターの余裕

2014年末に追加された1.2リッター車は、こうした声に対する三菱の回答かもしれない。1.2リッターエンジンはタイ向けには以前からあったユニットで、従来の1リッター車は力不足で購入を諦める人が多かったことから投入に至ったという。メーカーによれば0-100km/h加速、0-400m加速ともに、1リッター車より約1.5秒タイムを短縮しているそうだ。

エクステリアはフロントバンパー内のフォグランプ風型抜きが本物のフォグランプになり、サイドのウインカーはドアミラーに、アンテナは可倒式ショートタイプとなってルーフ後端に埋め込まれ、ホイール/タイヤは14インチから15インチになった。逆に言えば変更点はその程度なので、激変という印象ではない。
こちらも造形はオーソドックスなれど、そんなにチープではなかったインテリアは、インパネのセンターパネルやセレクターレバー/パワーウィンドウ周辺をピアノブラックで染めたことで、少しだけ上質になった。

前席の印象は相変わらず良好。滑りにくいファブリックを使っており、身長170cm、体重63kgのカラダをほどよくサポートし、座面の厚み、背もたれの張りを含めて満足できた。それだけにガッカリしたのが後席。広さは十分だけれど硬くて平板なうえに、中央席のヘッドレストがサイド&カーテンエアバッグとセットオプションというのは解せない。背もたれを前倒しするためのストラップも操作しにくい場所にあった。

最高出力が1リッターの69psから78ps、最大トルクが8.8kgmから10.2kgmに向上した1.2リッター3気筒エンジンに対し、車両重量は890kgと依然として軽量なので、加速は格段にリニアになった。3気筒独特の音は、最新の軽自動車より気になる場面もあったものの、流れに乗って一般道を走るなら3000rpmぐらい、Dレンジ100km/h走行は約2000rpmでこなすなど、力の余裕はさすが1.2リッターと思わせる。

新グレード「1.2G」の燃費性能は25.0km/リッターと、FFで27.2km/リッターという1リッター車に対して一歩譲る(いずれもJC08モード)。
新グレード「1.2G」の燃費性能は25.0km/リッターと、FFで27.2km/リッターという1リッター車に対して一歩譲る(いずれもJC08モード)。
    拡大
「1.2G」のフロントシートまわり。インテリアカラーはボディーカラーに応じてブラックのモノトーン、もしくはブラックとアイボリーのツートンカラーが用意される。
「1.2G」のフロントシートまわり。インテリアカラーはボディーカラーに応じてブラックのモノトーン、もしくはブラックとアイボリーのツートンカラーが用意される。
    拡大
リアシート中央のヘッドレストは、SRSサイド&カーテンエアバッグや運転席アシストグリップとのセットオプションとなる。
リアシート中央のヘッドレストは、SRSサイド&カーテンエアバッグや運転席アシストグリップとのセットオプションとなる。
    拡大
「1.2G」に搭載される1.2リッター直3エンジン。900kgを切る車両重量とも相まって、加速性能は他メーカーの国産コンパクトカーに引けを取らないという。
「1.2G」に搭載される1.2リッター直3エンジン。900kgを切る車両重量とも相まって、加速性能は他メーカーの国産コンパクトカーに引けを取らないという。
    拡大

求められているのは個性と付加価値

それ以上に1リッター車と違ったのはシャシーだった。乗り心地については、低速ではタイヤの硬さを意識するものの、速度を上げれば気にならなくなり、街中でチェックした限りハンドリングは軽快感と安定感を両立していた。それもそのはず、フロントサスペンションにスタビライザーが装備されたうえに、試乗車のタイヤはブリヂストンの「ポテンザRE050A」だったのだ。

つまり1.2リッターのミラージュは、加速も乗り心地もハンドリングも、国内外のライバルとガチで比較できるレベルに仕上がっていた。ただしいざ比べると、ミラージュならではの個性に欠けることに気づいたりもする。
800kg台という車両重量は、たしかに登録車としては軽い。でも軽自動車にまで枠を広げれば、新型「スズキ・アルト」が600kg台を実現してしまった。JC08モード燃費は37.0km/リッターに達する。これでは軽自動車のシェアが40%を超えて当然だ。

うわさによれば、次期マーチは先進国向けと新興国向けを造り分けるという。たしかに軽自動車がある日本で、価格の安さと燃費の良さで勝負するのは大変だ。むしろ高速道路でのエンジン回転数の低さや、ワイドトレッドがもたらすコーナーでの安定感など、軽自動車では実現しにくい部分を強調すべきだろう。三菱は軽自動車も売っているけれど、軽自動車に配慮して言葉を濁していては状況は好転しない。

もうひとつ、タイ製であることを生かしたデザインの提案もあり得る。自動車業界はとかく欧米重視の傾向があるけれど、若い女性はおおむね東南アジアに好意的なのだから。前述の安全装備のセットオプションを加えれば価格は150万円を超えるわけで、相応の付加価値を求めるユーザーは多いはずだ。

(文=森口将之/写真=向後一宏)

トランスミッションは、1リッター車と同じくCVTを採用している。
トランスミッションは、1リッター車と同じくCVTを採用している。 拡大
「1.2G」のメーターまわり。今回の改良では、シルバーのメーターリングが下位グレードにも採用された。
「1.2G」のメーターまわり。今回の改良では、シルバーのメーターリングが下位グレードにも採用された。
    拡大
後席は6:4の分割可倒式で、ラゲッジルームの容量を広げることが可能。写真のトノカバーはディーラーオプション。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
後席は6:4の分割可倒式で、ラゲッジルームの容量を広げることが可能。写真のトノカバーはディーラーオプション。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
    拡大

三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

三菱ミラージュ1.2G

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3710×1665×1505mm
ホイールベース:2450mm
車重:890kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:78ps(57kW)/6000rpm
最大トルク:10.2kgm(100Nm)/4000rpm
タイヤ:(前)175/55R15 77V/(後)175/55R15 77V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:25.0km/リッター(JC08モード)
価格:144万5040円/テスト車=182万922円
オプション装備:寒冷地仕様(3万7800円)/SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグ(11万8800円) ※以下、販売店オプション/2DINワイド7型メモリーナビゲーション(15万5822円)/ETC車載器(2万7907円)/フロアマット<ECO>(2万649円)/トノカバー(1万584円)/ラゲッジマット(4320円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1678km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--km/リッター
 

三菱ミラージュ1.2G
三菱ミラージュ1.2G
    拡大

関連キーワード:
ミラージュ三菱試乗記

あなたにおすすめの記事