シリーズ最強「ポルシェ・ケイマンGT4」発売【ジュネーブショー2015】

2015.02.04 自動車ニュース
「ポルシェ・ケイマンGT4」
「ポルシェ・ケイマンGT4」

【ジュネーブショー2015】シリーズ最強「ポルシェ・ケイマンGT4」発売

ポルシェジャパンは2015年2月4日、「ポルシェ・ケイマンGT4」の日本導入を発表した。同年2月11日に予約受注を開始する。

ケイマンGT4は、「ポルシェ911」における「GT3」と同様、サーキット走行を視野に入れたハイパフォーマンスモデル。実際に、ポルシェによれば、911 GT3を基にしたテクノロジーが投入されているという。

ミドに搭載されるエンジンは、「911カレラS」由来の、385psを発生する3.8リッター水平対向6気筒。トランスミッションは6段MTのみとなっている。
0-100km/hの加速タイムは4.4秒(参考値:MT車の「ケイマンS」=5.0秒、同「ケイマンGTS」=4.9秒)で、最高速度は295km/h。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒と伝えられる。
燃費は欧州複合モードで10.3リッター/100km(約9.7km/リッター)。

エクステリアは、フロントの大きなエアインテークと、リアエンドに装着される固定式のウイングが特徴。これらの作用により、ケイマンとしては初めて、前後アクスルにダウンフォースが得られるようになっている。
インテリアについては、レザーとアルカンターラを用いたスポーツシートや小径のGT4スポーツステアリングホイールが備わる。

標準モデルよりも車高が30mm低くなるシャシーおよびブレーキシステムには、911 GT3のコンポーネンツがほぼそのまま流用されており、オプションとして、ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)も用意される。カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製フルバケットシート、トラックプレシジョンアプリを備えたカスタムスポーツクロノパッケージ、クラブスポーツパッケージなどのオプションもラインナップされる。

ケイマンGT4の実車が正式にデビューするのは、2015年3月のジュネーブショー。
日本での販売価格は、1064万円となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る