マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13S Lパッケージ(FF/5MT)

コンパクトカーの日本代表 2015.02.09 試乗記 販売好調が伝えられる「マツダ・デミオ」の実力やいかに? 鹿児島での2日間の試乗を通じて、ディーゼル車とガソリン車それぞれの魅力と課題を探った。

クリーンディーゼル普及の立役者

燃費だけは良いけれど、騒音と振動はトラック並みで排出ガスもダーティー――そんな“古いディーゼル乗用車”のネガティブなイメージを今へと引きずる人の数は、恐らくここ数年で急速に減少を遂げているはず。そしてそれは、いわゆるクリーンディーゼルと呼ばれる最新モデルの実力を知る人の数と、“反比例”の関係にもあるに違いない。

2006年にメルセデス・ベンツが「復活」のカタチで日本仕様の「Eクラス」にディーゼルモデルを設定して以来、日本のディーゼル乗用車マーケットは着実に成長。昨2014年にはその台数が、7万9000台強という規模にまで達したという。

もちろんそこには、後のBMW参入の影響なども小さくはないはず。が、何といっても台数に大きく寄与しているのは、「スカイアクティブ」で波に乗るマツダ発のモデルであることは疑いない。

特筆すべきはこのブランドの場合、比較的安価でコンパクトなカテゴリーでも、上のクラスと同様にディーゼルモデルが高い人気を博していること。自らが開発と生産を担う“末っ子モデル”であるデミオの場合ですら、「その約6割がディーゼルで選ばれている」というのだからこれはちょっとした驚きだ。

そんなディーゼルモデルも含めて、昨年9月の発売以来「3カ月で計画7カ月分の台数を受注」という好調ぶりが伝えられるデミオを、九州は鹿児島を起点に薩摩半島南端の指宿まで、1泊2日で走らせるという催しが開かれた。

webCG組は、初日往路の指宿までがディーゼル「XDツーリング」のAT仕様。2日目鹿児島までの復路が、ガソリン最上級のグレード「13S Lパッケージ」のMT仕様という割り当てだ。

2014年9月に発表された現行型「マツダ・デミオ」。1996年にデビューした初代から数えて、4世代目のモデルとなる。
2014年9月に発表された現行型「マツダ・デミオ」。1996年にデビューした初代から数えて、4世代目のモデルとなる。
「XDツーリング」に搭載される1.5リッター直4ディーゼルエンジン。高価なNOx後処理システムなしで日本のポスト新長期規制をクリアする、高い環境性能を実現している。
「XDツーリング」に搭載される1.5リッター直4ディーゼルエンジン。高価なNOx後処理システムなしで日本のポスト新長期規制をクリアする、高い環境性能を実現している。
「XDツーリング」のインテリア。横基調のダッシュボートの上にインフォテインメントシステムのモニターを据えたインパネまわりは、現行型「アクセラ」から取り入れられているデザインだ。
「XDツーリング」のインテリア。横基調のダッシュボートの上にインフォテインメントシステムのモニターを据えたインパネまわりは、現行型「アクセラ」から取り入れられているデザインだ。
試乗のスタート地点である城山観光ホテル駐車場に並ぶ、色とりどりの「マツダ・デミオ」。
試乗のスタート地点である城山観光ホテル駐車場に並ぶ、色とりどりの「マツダ・デミオ」。

マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13S Lパッケージ(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る