マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13S Lパッケージ(FF/5MT)

コンパクトカーの日本代表 2015.02.09 試乗記 販売好調が伝えられる「マツダ・デミオ」の実力やいかに? 鹿児島での2日間の試乗を通じて、ディーゼル車とガソリン車それぞれの魅力と課題を探った。

クリーンディーゼル普及の立役者

燃費だけは良いけれど、騒音と振動はトラック並みで排出ガスもダーティー――そんな“古いディーゼル乗用車”のネガティブなイメージを今へと引きずる人の数は、恐らくここ数年で急速に減少を遂げているはず。そしてそれは、いわゆるクリーンディーゼルと呼ばれる最新モデルの実力を知る人の数と、“反比例”の関係にもあるに違いない。

2006年にメルセデス・ベンツが「復活」のカタチで日本仕様の「Eクラス」にディーゼルモデルを設定して以来、日本のディーゼル乗用車マーケットは着実に成長。昨2014年にはその台数が、7万9000台強という規模にまで達したという。

もちろんそこには、後のBMW参入の影響なども小さくはないはず。が、何といっても台数に大きく寄与しているのは、「スカイアクティブ」で波に乗るマツダ発のモデルであることは疑いない。

特筆すべきはこのブランドの場合、比較的安価でコンパクトなカテゴリーでも、上のクラスと同様にディーゼルモデルが高い人気を博していること。自らが開発と生産を担う“末っ子モデル”であるデミオの場合ですら、「その約6割がディーゼルで選ばれている」というのだからこれはちょっとした驚きだ。

そんなディーゼルモデルも含めて、昨年9月の発売以来「3カ月で計画7カ月分の台数を受注」という好調ぶりが伝えられるデミオを、九州は鹿児島を起点に薩摩半島南端の指宿まで、1泊2日で走らせるという催しが開かれた。

webCG組は、初日往路の指宿までがディーゼル「XDツーリング」のAT仕様。2日目鹿児島までの復路が、ガソリン最上級のグレード「13S Lパッケージ」のMT仕様という割り当てだ。

2014年9月に発表された現行型「マツダ・デミオ」。1996年にデビューした初代から数えて、4世代目のモデルとなる。
2014年9月に発表された現行型「マツダ・デミオ」。1996年にデビューした初代から数えて、4世代目のモデルとなる。
「XDツーリング」に搭載される1.5リッター直4ディーゼルエンジン。高価なNOx後処理システムなしで日本のポスト新長期規制をクリアする、高い環境性能を実現している。
「XDツーリング」に搭載される1.5リッター直4ディーゼルエンジン。高価なNOx後処理システムなしで日本のポスト新長期規制をクリアする、高い環境性能を実現している。
「XDツーリング」のインテリア。横基調のダッシュボートの上にインフォテインメントシステムのモニターを据えたインパネまわりは、現行型「アクセラ」から取り入れられているデザインだ。
「XDツーリング」のインテリア。横基調のダッシュボートの上にインフォテインメントシステムのモニターを据えたインパネまわりは、現行型「アクセラ」から取り入れられているデザインだ。
試乗のスタート地点である城山観光ホテル駐車場に並ぶ、色とりどりの「マツダ・デミオ」。
試乗のスタート地点である城山観光ホテル駐車場に並ぶ、色とりどりの「マツダ・デミオ」。

マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13S Lパッケージ(FF/5MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る